【死亡】出会い系でスペルマが好きすぎるという超変態女と会った結果・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は出会い系で一人の女と出会う。彼女はかなりの変態で「精子大好き」と豪語していた。そして会ってみると、想像以上のヤバイ女だった・・・・。

去年の今頃の話、某コミュでメールしたらすんなり返信があった。
名前は美香という子。

募集内容が「精子大好き!」って応募で俺も変態チックな奴だから、食糞とかは無理だけど
SMとか平気だったし、そこらへんの変態女が来てもへこたれない精神を持っている!と自負してたw

まぁ今回も「精子大好き!」って言ってもフェラで口内射精したり、身体にかけて!と言ったり、どうせそれくらいでしょ?と思って

どんなプレイが好き?とメールするととにかく精子の色、匂い、味、全てが好きでちんぽから搾り取りたいだけ搾らせて欲しいとの事。

その場合は口に出そうが、中に出そうが出してくれれば、私は幸せ!という感じのメールだった。

当日会ってみると、美香は正直あんまり可愛くなかった。
ドブスという訳でもないし、ピザでもない、胸もそれなりに大きい・・・けれどなんか違う。

俺のゾーンに入ってこないだけなんだと思うけれど、地味で素っ気無いというか、幸薄そうというか。

いろいろ話を聞いていると素人ぶっかけパーティーにも出たことがある。
私の今はいている下着に塗りこんで欲しい。

口内や膣中でも良いので出して欲しい、その後、身体に塗るので、そのまま見ていて欲しい。
塗ってる姿を視姦して欲しい。
溜め込む?のが好きだからいっぱいだして!

ちょい引き気味な俺をよそに乗り気な美香。
そうこうしているうちに
「じゃラブホへ!」という運びになり歩く。
繁華街のどうでもいいラブホへIN。

風呂にも入らずジッパーを下げ始める美香。
「シャワー浴びない?」
「ううん、私この匂い好きなの!舐めていい?」
ぎんぎんにおったつちんぽを美味しそうに頬張る美香。

フェラは首を左右にゆっくりと揺らし、時折舐め上げる。
上目使いも忘れずにびちゃびちゃと音を立てる。

「こんなになってる…いっぱい出るよね」
でもこの子変だな?と思ったのは俺を見ていない。
ちんぽだけしか見ていない。

「おっぱいで挟んであげるね」
ベッドにちょこんと乗っかると今度は自分から脱ぎだして、上半身をさらけ出し、俺のをつかむと胸へと挟んだ。

だけど、この時も俺の気持ちいい顔を見る訳でもなく、ちんぽに話しかける様なスタイルだった。

「いいよ!出して!ぴゅぴゅってだして!」
胸の圧力と舌が交互に快感を呼び寄せてあっという間にいきそうなる。

「出すよ美香!美香のエロい胸に出すよ!」
そう言うと思いっきり射精した。

「あぁ…精子…出てるのぉ」
胸を両手でさらにギュっとして圧力を高め、顎の下あたりにたっぷりとどろどろの精子を楽しんでる。

そして、一息つこうと離れると美香は顎の精液を掬い取り、口元へ持っていくと指一本一本舐め始めた。

「○○君のおいしいよ!」
そういう美香の顔は取り付かれたみたいになってて、目が異様に輝き放ち見開いている。
俺はちょっとやばくね?と思い一発出したから帰ろうと決意した。

エロい顔ならまだかわいいなこいつ!いじめてやる!
とか思うんだけど、目が…かなりいっちゃってる。

アヘ顔というか、舐めてるときは俺の存在なんか忘れてる。
もしくは居ないものとして放置されてる。

そそくさと着替え始めると
「え~○○君、まだまだだよぉ~」と
再び俺のちんぽを握ってくる。

微妙に恐怖を感じてた俺は縮こまってしまっていた。
ぬるぬるのちんぽを手コキしているとくちゅくちゅと、音が鳴り、先から残り汁がちょぼちょぼと出てくる。
それを見逃さない美香が居た。

「あ~ん、もったいない~い」というとストローみたいに吸い始める。

一応答えないと…と思い胸をもみ始める。
「あん、乳首、乳首好きなの!こねくってほしいの!」
軽く摘んでやるとフェラも一段と強引になってくる。

真空吸引の様に吸っては舌で尿道をこじ開けようと舌でちょろちょろと刺激してくる。

「乳首きもちぃのぉ!美香濡れちゃうよぉ」
言葉だけなら可愛い淫乱女なんだけど、俺の顔はいっこうに見ようともしない。
他の身体の部位も見ようともしない、ちんぽだけ見てる。
そして目は相変わらずやばい。

強烈なフェラに強制的に出そうなる。
「うああぁ、美香出るよ!」
「うん、これにかけて!」

そう言うと自分がしていたブラジャーを手に取り、ブラのパッドの部分を亀頭にあて、すっぽりと包み込む。
その中へドクドクと射精した。

そのブラを開くとパッドの中で糸引くようにねちょりとこびりついてる。
美香はそれをブラの内側へと指で優しく引き伸ばし、塗りこんでいく。
「これなら、いつまでもおっぱいに精子かけられてるって思うでしょ」
とニコっと笑うが相変わらず精子に話しかけてる様だ。

一段落して一息ついたあと、雑談。
しかたがないので下も触ろうとしたとき
俺にとって最大の恐怖が訪れる。

「下はだめぇ~」
確かに、精液飲ませる、塗りたくるという約束で本番までは約束していない。
でも触るくらい、あわよくばスマタ位はと期待していたが、ピタッっと脚を閉じてしまい触る隙さえない。

乳首を執拗にこねくり回すと段々と力が抜けて脚の間ににも手が入る隙間が出来る。
しかし、スカートをペロリとまくった瞬間
俺の脳は危険信号を発した。

【危険・危険・それ以上は止めておいた方がいい!危険・危険】

ちんぽがついていたというオチなら笑えるが、めくるとそこには茶褐色に染まった下着の股間。
生理なのか?と思ったが、匂いがきつすぎる!

悪臭なんて言葉は生易しい異常な匂いが漂ってきた。
何故いままで判らなかったんだ?不思議だったが
濡れてきた美香の液が下着に染みている匂い…否!!

これは精子の匂いだ!
「あっダメだよぉ~」
と覆い隠す。

「それって精子?」と指差しながら真顔で聞く俺。
「う、うん」
「じゃシャワー浴びたほうがいいよ」

俺はここまできて他人の精子らしき物がついている下着をはいた女とやるつもりは毛頭無かった。
だからフェラだけというのもなんか安易な考えだけど…

コメントを書く