【衝撃】トイレ掃除のおばさん(40代)にボッキしたチンコを見せつけた結果・・・・・・・・・・・・・・

投稿者はホームセンターのトイレに入った。すると掃除のおばさん(40代)がちょうど便器を掃除していた。それを見て好みのタイプだった投稿者はすでにビンビンになったチンコをおばさんに見せつけるように一つ離れた便器の前に立った。するとおばさんは立ち去ったのかと思いきや・・・。

俺もトイレ掃除のおばさんに自分のモノを見せたことがある。
場所はホームセンター。

おばさんが入ったあとに、他の客がいないのを確認してあとからトイレに入った。
トイレに入ったとき、一瞬おばさんと目があったような気がした。

掃除のおばさんは45才くらいで髪はセミロングの細身の人だった。
おばさんは一番奥の小用便器を中腰で掃除中だった。

俺はひとつ離れた小用便器の前に立った。
それもわざとおばさんに見えるように、不自然と思えるくらい便器から離れて立った。

その日はジーパンだったので、ベルトをはずしチャックとパンツを下ろして、チンチンを出した。
その時点で俺のペニスはもうビンビンだった。

俺はわざと右手一本で根本のほうを握り、左側にいるおばさんのほうを見ながら、チンチンを上下に振った。

おばさんは、掃除をしてるふりをして手を動かしていたが、その目はしっかりと俺の硬くなった下半身を見ていた。 

しかし、おばさんはすぐに掃除をやめ、洗面台のほうに立って移動してしまった。

「やはり、あからさまに見せすぎたか・・・」
そう思っていると、こんどはなんと俺の立っている便器のすぐとなりの小用便器の掃除を始めたのだ。

「まじかよ!、このおばさん・・・」

俺は心臓が飛び出るくらいドキドキした。
そして興奮した。

「よし、こうなったらたっぷり見せつけてやろう」。
おばさんはすぐとなりの便器の前に中腰になると、俺ににむかって、
「となりの掃除をさせていただきます、気にしないでごゆっくりどうぞ」
と言った。

俺も「あっ、はい。今、ちょっとおっきくなっちゃって時間がかかりますけどいいですか?」
と、緊張しながらわざと聞いた。

するとおばさんは、ちょっと顔を赤くして笑いながら、
「えっ、ええ、結構ですよ。なるべくそっちは見ないようにしますから」
と言って掃除を続けた。

コメントを書く