【鬼畜】姉をクロロホルムで眠らせて中出ししまくった結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日頃から姉(大1)によこしまな感情を抱いていた投稿者(高3)だったが、ある日、ついに実行に移すことに。それはクラスになぜかクロロホルムを持っている友人がいたので、そいつから手に入れて昏睡レイプをすることを思いついたのだ。そして本当に実行してしまうのだが・・・。

俺は高校3年生で、姉は大学1年生。

実は、俺は以前から密かに姉の体に興味を抱いていたのだ。
半年くらい前のことだろうか、たまたま俺が二階の自室から一階に下りてきたとき、おれは例えようもなく刺激的な場面を目撃してしまった。

廊下に何かこぼしたらしく、姉が両膝と片手を床についてをゴシゴシと拭きとっていたのだが、そのとき俺ははドキッ、として立ちすくんでしまった。

姉の尻が俺の方に向かって高く掲げられていたからだ。
微妙に振りたくられる丸くてむちっりした姉の尻に、俺の目は釘付けになってしまった。

実の姉だというのに股間を疼かせてしまった。
いけない! と思い慌てて二階に戻ったが、脳裏に焼き付いた姉の尻はいつまでも悩ましく振りたくられていた。

それ以来俺は、姉を女として見るようになってしまった。

そういう目で改めて見てみると、姉は実にいい体をしていた。
胸も大きいしウエストもくびれている。

おれは、密かに姉の体を盗み見ては胸をドキドキさせるようになった。
無意識のうちに、おれの生殖本能は姉に対して種付けしたいとの邪悪な欲望を募らせていたのだと思う。

そして感情が弾けた今このとき、おれは姉を犯してやろうなどと本気で思ったのだ。


そして俺には、姉を眠らせてしまうあてがあった。
実は俺のクラスに、どうやって手に入れたか知らないが、クロロホルムを隠し持っている奴がいたのだ。

少し不良ぽい男だったから悪い仲間からもらったか買ったかしたのだろう。
彼は「これでよ、好きな女を眠らせてやっちゃえるんだぜ」と俺達に自慢していた。

つぎの日、俺はそいつと交渉して5千円でクロロホルムの入った小瓶を手に入れた。
その当時、クロロホルム強姦魔というのが逮捕されて新聞やテレビを賑わしていた。

だから俺はどうやってこれを使うのか知っていた。
容器に移し替えて寝室に霧のように噴霧するのだ。

その霧を吸い込んだら数時間は何をされても目覚めることはないと新聞に書いてあった。
ただし、移し替えるとき自分が吸い込んだらその場で意識を失ってしまう。

俺は折り畳んだタオルを水に濡らして口と鼻にあて、さらにその上からタオルをまいて縛り、間違っても自分が吸わないようにしてから慎重に作業をしていった。

噴霧器は、ホムセンで買ってきた。
慎重に作業を続け、俺はクロロホルムを噴霧器に移し替えた。

幸い、水に濡らしたタオルのおかげで、俺自身が吸い込むことはなかった。

コメントを書く