【衝撃】家に帰ると大好きな家庭教師の先生(女)がお父さんにヤラれてた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿者の家庭教師の先生(女)が夕方にやってくる日、母親は外出、父親には夕方に戻ると伝えて出たのだが、予定を切り上げて昼過ぎに帰ってきた。すると家には父親一人のはずなのだが、女性の声が。中に入って覗いてみると・・・。

その日は、土曜日の夜から家庭教師に教えてもらうことになっていて、昼間友達と渋谷へ行き遊んでから家に帰りました。

母は一泊二日の同窓会で熱海に行っており、その夜は家庭教師の祥子先生と僕の父しかいませんでした。

僕はその朝10時に家を出て5時に帰ってくると父に言い残し遊びに行きました。

しかし、あいにくの雨だったため、予定を切り上げ1時ごろ帰宅してみると、家の中から聞き覚えのある女の人の声がしました。

なぜか胸がどきどきして静かに家に入ってみると、そこには何故かあの僕が大好きな祥子先生がいました。

そして僕の父も同じ部屋にいました。

祥子先生は僕の父にバックからされているところでした。
思わず息をのみました。


あの清楚で、男を知らなそうにみえた先生が、後ろから腰を抱えられて、その真っ白なお尻に父のカリの張ったどす黒い肉茎がぬらぬらと光りながら出し入れされていました。

先生は上半身を座布団の上につっぷして、お尻を高く抱えあげられて貫かれており、ちょうど隣の部屋からはその横からの姿がすべて見えました。

先生のそんな姿にも興奮しましたが、今までに見たことのなかったオスとしての父の姿も僕を興奮させました。
先生の顔は上気してほんのり赤くなっており、少し感じているように見えました。

次々と休む間もなく繰り出される父の剛刀に先生はなす術もなく、快楽の瞬間を告げる声をさんざん上げさせられました。

途中でいきかかったときに、その剛刀をわざと引きぬかれ、じらされた挙げ句に、父は先生に命令しました。

「祥子先生、いきたかったら、いかせてくださいとお願いしてみろ!」
という父の言葉に、最初は無言の抵抗をしていました。

コメントを書く