【地獄絵図】目の前で失神するほどレ●プされた彼女を見捨てた話する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿者男性が専門学校時代に初めてできた彼女がいた。お互いに初体験で毎日イチャイチャ生活を送っていた。そんなある日、二人で行った居酒屋で二人組の屈強な外人と出会い意気投合。お酒もご馳走になったのだが、それが間違いだった・・・。

僕は由香と専門学校で出会い、付き合いました。

僕は童貞、由香も僕が初めての男性でした。

初体験は付き合いだして1ヶ月半位、お互いが初めて同士もあり大変でした。

半同棲生活が始まり学校でもイチャイチャ、夜も毎日の様に求め合うという感じでした。

入学後3ヶ月が過ぎると、もうすぐ夏休み。

僕と由香は「夏休みに何処へ行くか」で毎日盛り上がってました。

そんな幸せな日々は永くは続きませんでした。

忘れもしない7月10日、悪夢の日はやってきたのです。

その日は由香の方から外食したいと言ってきました。

2人とも学生でバイトはしていません。

あまり高い店へは行けませんが居酒屋とカラオケ位ならと2人で出掛けました。

2時間近くも探し回り、やっととある洋風居酒屋に入る事ができました。

座席に座った僕の隣にはサラリーマン風の3人(?)、由香の隣には珍しく外人が2人いました。


由香の隣に座ってた2人の外人が僕らの話に割って入ってきました。

彼らは滞在期間が永いのか、流暢な日本語で話し掛けてきました。

最初は由香も僕も敬遠していましたが下手な日本人の漫才より話が面白く、徐々に打ち解けていきました。

2人は米軍の兵隊で今日は休暇でここに来てると言っていました。

1人は白人でもう1人は黒人。
僕は身長175cmでソコソコガッチリしていますが彼らは僕よりはるかに大きな身体つきです。
恐らく2人とも190cm位はあったのではないでしょうか。

2人で夏休みの計画について話しをする筈が、いつの間にか外人を含めた4人で盛り上がっていました。

途中、その外人はオゴリだと言って僕と由香にビールとワインを注文してくれました。

その時は何も考えず、ご馳走になりました。

今思えば、これが悪かった。

飲み終えて少し経った頃から徐々に睡魔に襲われ、途中からの記憶が残ってません。

僕も由香もそこそこ酒には強い方で記憶がなくなる位まで飲んだ事がなかったのに。

コメントを書く