【マジキチ】女ですが、水着モデルのオーディションの実態がヤバすぎた・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿者の女性はモデル事務所に所属してバイトをしていた。その仕事の中でもオーディションに参加させられることも多く、その最終審査に残った時のこと。水着審査だったのだが、20人ほどの参加者のアピールタイムの行動に愕然とする投稿者・・・。

私はモデルのバイトをやっています。

以前水着モデルのオーディションに行ったときの出来事です。
モデル業の時は事務所があるので、オーディションは事務所経由で強制参加になります。

オーディション自体は月に何度かあるのですが、気合が入ったオーディションは年に数回です。

気合の入ったオーディションというのは、俗に言う「おいしい」お仕事です。
内容が長期にわたるモデルや憧れのブランドモデル、単価の高いお仕事などです。
そういうオーディションにはホントにたくさんの人たちが来ます。

私は、悲しいですけど、なかなか最終審査まで残ることがありません。
でも、この間、初めて最終審査まで勝ち残りました。

最終審査には同じ事務所の先輩が一人と、後は知らない人たちが20人近くいました。

最終審査の内容は、審査員の前に20人が横に並んで、みんなの前に出て自己紹介をするというものでした。

水着審査なのでみんな水着です。
最終審査に残った人たちはさすがにレベルが高く、うやらましいくらい綺麗な女の人が多いです。

綺麗な人に囲まれて少し自信がなくなりましたが、体のサイズ、とくに胸は誰にも負けないくらい私が一番大きかったと思います。


最終審査が始まりました。
私は18番でした。17番に先輩がいました。
先輩に続いて審査室に向かいました。

審査室に入ると、審査員が10人くらい、熱いまなざしでこちらを見ています。
その後には30人くらいの関係者がいます。

そしてその横にはビデオを撮っている人もいます。
わたしたちは20人くらい一列に並んで、椅子に腰掛けました。

そして一番の人が呼ばれ、その人が前に出ました。
一通り自己紹介をして、質問があって、アピールタイムになりました。

コメントを書く