【地獄絵図】レイプされたほうがマシ・・・おもちゃにされた宴会コンパニオンが酷過ぎる・・・・・・・・・・・・・・・

投稿者の女性は宴会コンパニオンとして旅館に派遣されていた。5人ほどのガラの悪い男性客に着いた時の話。その時にビールを客の男性の股間にこぼしてしまった。それがきっかけでとんでもない目に遭うことになる・・・。

旅館の宴会コンパニオンのアルバイトで、おもちゃにされてしまった事があります。

犯されなかったのが不思議なぐらいで、とても恐くて、恥ずかしかったです。
その日のお客様は男性が5人で、少しガラの悪そうな…ヤクザさんかなという感じで、初めから、気を付けてはいたんですが。

お酌をしていて、お客さんの膝にビールをこぼしてしまったのが、始まりでした。

「申し訳ありません。」
運悪く、おチンチンの所だったので、ハンカチを出して「すみません。これ、使って下さい」というと、怒りだしたんです。

「こういう場合は、ふつう、お前が拭くだろうが。」
仕方なく、拭き始めると、ニヤニヤしながら腰を突きだしてきました。

その上、肩に手を回して抱き寄せ、おっぱいを触ろうとします。

「あぁん、困りますぅ。」これ位はたまにあることなので、『これも仕事の内』と割りきり、少し媚を売るような言い方になりました。

「おっぱい触られて済むのなら」という気持ちがあったことも、事実です。

ところが、そのお客さんは、調子に乗って、制服の襟元から手を入れ、おっぱいを揉もうとしてきました。

「これはマズイ」と思い、「やめて下さい、ピンクコンパニオンじゃないんですから。」と、少し強めに抗議して、逃げようとしました。

「なにぃ?お高くとまってんじゃねーよ!」
腰に回した腕で、しっかりと捕まえられていて、身動きできませんでした。

とうとう、ブラの中まで手を入れられ、直接おっぱいを揉まれました。指先が乳首に届いています。

「キャッ、やめてください!」
前のボタンもはずされてしまいました。

もみあっている内に、ブラがずれて、乳暈のはしっこが見えてしまっています。
「ちょっと、やだ!」
必死になって手で隠したんですが、後ろから羽交い絞めにされ、別の男性が、前からブラを引っ張り、とうとうおっぱいがポ□リ。

乳首を、ふたつとも、皆にみられてしまいました。

コメントを書く