【黒歴史】中学時代、女同士で好奇心でトイレでローターを試しあった結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者女性が中学時代に女友達とエロ漫画を読んでいた。するとローターが出てきて「なんだこれは?」ということになる。早速、その中の一人がスマホを持っていて検索して購入する事に。そして数日後、そのローターをみんなでお互いあてあって試してみる事になったのだが・・・・。

自分は今年ハタチになった女です。
もう成人して大人になったことだし、過去の黒歴史的な出来事を暴露しようと思います。
中学生のころ。クラスでは、いくつかの女子グループがありました。

自分がいたのは3人組のグループで、自分とSちゃんとHちゃんの3人でした。

SちゃんHちゃんからは、自分は、Mちゃんと呼ばれていたということにして書いていこうと思います。

Sちゃんは少しお金持ちのお家で、でもご両親がお仕事で忙しかったので、放課後すぐに家に帰ろうとはしませんでした。

Hちゃんはお母さんが専業主婦。
勉強しろってうるさく言われるのが嫌で、学校によく残っていました。

自分も似たような理由……上の兄弟が大学受験を控えていたため、家中の空気がぴりぴりしていることが嫌で、学校に。
そんなわけで、私たちは自然と仲良しになったのです。

Hちゃんがよく、ちょっとエロい少女漫画を持ってきて、3人でいっしょに読んでいたのですが……ある日、漫画の中で、小さな丸いものをあそこに押し当てられてもだえてるシーンがありました。

それで、
「これ、なんだろうね?」
って、Hちゃんが言い出しました。

Hちゃんは下ネタとか、そういうことに関する好奇心が半端なかったのです。(笑)
そしたら、私たちの中で唯一自分のケータイを持っていたSちゃんが、ケータイで調べはじめました。

「エロいことに使ってるものだから、アダルトグッズでしょ? えーっと…アダルトグッズ 振動とかで出るかな? ……あ、これじゃない? 安いね!」
ピンク色のころんとしたものに白いコードが伸びていて、リモコン部分もピンクでかわいくって…しかも300円くらい。

Sちゃんが、「注文しちゃったww」って言い出して、みんな焦りながらも、興味津々でした。

そして数日後、放課後にSちゃんがちょっとはずかしそうに、
「あれ、使ってみたんだけどさ…すごい気持ちよかったから、二人にもプレゼント。ぜーったい、親とかに見つからない場所にかくしてね!」
って、一つずつプレゼントしてくれました。

そしていきなり、
「ってことで…これからさっそく使わない?」
って言うのです。

恥ずかしいし、自分一人のときにやればいいじゃんって言うと、
「でも、「自分でするのと全然違う」って漫画の主人公も言ってたじゃん? だから、ほかの人から使ってもらったほうが気持ちいいのかも」

Sちゃんがそういうと、Hちゃんまで、
「たしかに、そういうこともあるかも……試してみよう!」
って乗り気に。3人中2人が同意してしまうと、多数決で従うしかありません。

しかたなく、SちゃんとHちゃんに続いて、車いす用のトイレへ。
3人入ってもまだまだ余裕がある広さです。

そこで3人が輪になるように立って、右となりの人のあそこにローターを押し当てながら「せーの」でリモコンのスイッチをいれました。

自分で自分のに当てたこともなかったけれど、人から当てられてぶるぶるされる快感といったらもう!
すぐにお股がずくずくしてきちゃって、腰がかくかくと震えてきて……Sちゃんが、
「Mちゃん、腰揺れてるよ~? えっろ~」
「ほんとだ。Mちゃん感度いいね~。ね、Sちゃん、ふたりでMちゃんを責めようよ」
「いいね~、それ!」
ふたりがニヤニヤしながら自分を壁際に追い詰めてきて……。

「ちょっと、やめてってばぁ…ん、んっ!」
「えっろ~い! Mちゃんてば、声もエロいとか、もしかして家でこっそり一人エッチしまくってる感じ?」
「ちっ、違うからっ!」
からかいながら、あそこにぐりぐりと二つのローターを押し当てられます。

Sちゃんが、
「あ、そういえば……クリトリスって知ってる? そこをぶるぶるしたら、すごいよ。Hちゃん、ちょっと見てて」
っていって鏡に息を吐きかけて、白く曇ったところに指先で、あそこの簡単な図をかきはじめました。

「ここ。ここがクリトリスね。ローターふたつあるから、これを挟むみたいにしてみよ。Hちゃん、右からお願い」
「おっけ~」
「ちょっと待ってってば……!! ひっ、い、やぁぁっ!」
こっちの声なんてまるで無視。

クリトリスを左右から同時にぶるぶると強く振動させられて、ふわふわして、なんだか下半身が勝手にがくがく震えて……。

ぐったりしちゃった自分を慌てて抱えて、SちゃんもHちゃんも、
「ごめん! やりすぎた!」
「大丈夫? Мちゃんっ?」
って、必死。(笑)

もちろん、かなり腹が立ったし、それ以上に恥ずかしかったので……帰り道に、二人にジュースとアイスをおごらせました。
もちろん安いのじゃなくて、ハー○ンのイチゴ味。

それからも何度か、トイレでみんなでオナニーしあって……。
結局、Sちゃんがとうとうバイブまで買ってきちゃって。自分の処女膜が破れた原因は、そのバイブですからね。

もちろん、きちんと洗ったあと、SちゃんとHちゃんにも挿入して、仲良く処女膜破りましたが。
卒業するころには、「放課後、車いす用トイレから、この学校で昔自殺した女子生徒のうめき声が聞こえる」なんていう噂話までできちゃったくらいです(笑)。

コメント

  1. 1. 名無しさん  

    なぜハーゲンダッツを隠す必要があるのか

コメントを書く