【衝撃】厨学時代に彼氏と隠れて姉のセックスを覗き見してたら・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者女性が中学時代の話。両親が共働きで不在の投稿者の家で当時付き合っていた彼氏が投稿者の姉の部屋のクローゼットに隠れていようと提案する。そこへ姉と姉彼氏が帰ってきていちゃつき始めるのだが・・・・。

私は24歳、普通の会社員です。
彼氏はいません。

私自身はあまり派手な容姿ではなく、どちらかというと地味っぽい感じ。
でも学生時代は「小動物っぽい」とか言われて、かわいがってくれる友達が多かったです。

あの頃より歳をとったけど、いまだに成長する気配のない胸のあたりとか、童顔なところとか、たしかに小動物っぽいかもしれません…。

で、今からするのは、私が中学生のころのお話。
当時付き合ってる男の子がいましたが、ほんとうにちっともふくらんでいない胸がコンプレックスで、その子とはキス止まりの付き合いでした。

あるとき私の3つ年上のお姉ちゃんに彼氏ができました。
姉は当時高校生、相手は大学生だったと思います。

それで、夕方によく家に遊びにきていました。
うちは両親が共働きで、親の帰宅が早くても19時頃でしたので、遅くなるときとかは、その彼氏さんと姉と私の3人で夕食を食べることもありました。

ある日、私の彼のSくんに「お姉ちゃんの彼氏は大学生で~」という話をしたら、急に、
「今日遊びにいってもいい? お姉さんの彼氏、来るかな?」
といいだしました。

姉の彼氏に興味があったのか、ただ単に、大学生っていう当時の私たちよりもずっと大人の存在を見てみたかったのか……なんだったのかわかりませんが、うちに遊びにきたSくんは、
「お姉さんと彼氏を驚かせよう!」
といって、クローゼットの中に隠れることを提案してきました。

私もわくわくして、「いいよ」といい、いっしょに隠れました。
姉の部屋はウォークインクローゼットだったので、中学生ふたりが入っても、全然へっちゃらでした。

おなかも空いていたので、クローゼットの中で懐中電灯をつけて明るくし、買ってきたお菓子を食べていると……姉と、その彼氏が部屋に入ってきました。

「Tくん、お茶でいい? 取ってくるから、少し待っててね」
姉がそう言い残して階下に降りていきました。

姉が戻ってくるタイミングで出ていって驚かせるんだな、と思っていたら、Sくんが私の耳元でこっそりと、
「このまま様子を見よう」
といいだしたのです。

言われたとおりにおとなしくしていると、戻ってきた姉とその彼氏が話しはじめて……それで、いつのまにかなんだか変な雰囲気に。

姉が、
「あっ……Tくん……そこ、だめぇ……」
とか言い出して、何してるんだ? って思っていたら、Sくんが急に手を握ってキスしてきて……耳元で、
「オレも、私ちゃんの胸とか、触っていい?」
って。

胸はコンプレックスがあったので、「ごめん、胸以外なら……」って言ったら、「じゃあこっち。ぜったいにおっきい声出さないで」って、私のスカートの中に潜り込んできて……。
姉のあえぎ声が聞こえて妙にどきどきして……Sくんが私のパンツを脱がせて、あそこに顔をうずめました。

そして懐中電灯で、ぱっと照らしたのです。
恥ずかしかったけど、「やめて!」なんていったら、隠れていることがばれてしまうから、大声を出すことはできません。

黙って、目をつぶっていたら、私のあそこを指で拡げられる感覚。
Sくんはしばらく黙って観察していたようですが、やがて、下半身に甘く痺れるような感覚が。
思わず声を出してしまいそうになって、慌てて口に手を当ててこらえました。

Sくんはそのまま、私のあそこをぺろぺろと舐めてきて……。
下から上へ、何度も何度も舐められると、むずむずして。
ある一カ所…つまり、クリトリスです、そこを舐められると、頭がふわふわしてきて……。

腰ががくがくしているのに、Sくんにぎゅっと押さえ付けられて、何度も何度もクリを舐められ……クリ全体を口にふくんで、ちゅうううっと吸われて、ぞくぞくっとしたあと、じわぁっと全身に汗が。

気持ちがよくて力が入らなくって……クローゼットの壁にもたれてぐったりしている私の唇に、Sくんは、姉たちが部屋を出ていくまで何度も何度もキスをしてくれました。

姉たちが「お母さんたちが帰ってくるまえにシャワー浴びよ~」と言って部屋を出ていったので、私とSくんも部屋を出て、自分の部屋へ。

Sくんは顔を真っ赤にしていて、
「すごかったな…!! お姉さんのあえぎ声、めっちゃ聞こえてた!」
って。

私は姉のあえぎ声が途中からはまったく聞こえていなかったくらい、クンニに夢中になっていたので、上の空で「そうだね」と返事をしたのですが。
Sくんが私の手をとって、
「どきどきして、こんなになっちゃったんだけど……オレのも、なめてくれない?」
って。

どうすればいいのかわからなかったんだけど、私もさっきしてもらったので、いやとは言えません。
私の勉強机の椅子にSくんが座って、チャックを開けて……パンツの窓?みたいなところから、そっと指を入れて、取り出しました。

初めて触ったSくんのは熱くて固くて、同じ人間の、体の一部だなんて思えませんでした。
どきどきしながら、それをぺろぺろと舐めて……しょっぱい、汗の味しかしなかったのが、だんだん、先っぽからとろっとした透明な液体が出てきて。

唇を先端に押し当てて、その液体をちゅーっと吸い上げたり、口に入るぶんだけ含んで、Sくんにいわれるがままに頭を上下させたり……。

Sくんは私の頭をいきなり押し返して、
「い、いくっ…」
っていって……。

自分の部屋じゃないから、ティッシュの場所も把握していないだろうし、Sくんは手をさっと伸ばしてたけどティッシュには届かなくって、私の顔にどろりと精液が。

登下校で通り道にある栗の木の、花のにおいと似ているな……なんてぼーっとしていたら、Sくんが慌ててティッシュで拭いてくれたけれど、やっぱり顔がぱりぱりしちゃって。

洗おうと思って、ふたりでお風呂場の洗面所にいったら、裸でお風呂場でいちゃいちゃしてる姉カップルと鉢合わせ。すっごく気まずかったです……。

Sくんとはそれ以後も少し付き合って、しばらくはお互いキスと舐めっこだけだったんだけど……胸も触りたいってしつこく言うようになったから、別れちゃいました。

でもあの経験があったからか、クンニとフェラ大好きになっちゃって。
フェラはだいたいの男の人が好きだと思うんだけど……セックスのたんびにフェラはさせるのに、クンニはしてくれない男の人が多過ぎて、なんか最近彼氏とかいらないかなってなってます。
舐めてくれるだけの男の人いないかなぁ。

コメントを書く