【痴漢】高2の頃、幼児体系で童顔だった私が電車内でオモチャで逝かされた・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者女性が高2の時に電車で痴漢にあったリアルな体験談。当時幼児体系で胸もなく顔も童顔だった投稿者。なので自分が痴漢などに遭うはずはないと気を抜いていた。しかしある日、通学中、電車に乗っていると股間に男性の手が執拗についてくる事に気づき・・・。

高校生のころ、痴漢にあったことがあるんだけど…(道具を使われて、あっけなく…)

痴漢なんて本当にいるの? っていう人がいるけれど、高校生のころに、実際に痴漢にあったことがある。
たしか高2の夏頃。

わたしはその当時、まだ中学生に間違われることがあるくらい、あどけない顔立ちをしていた。
背もそんなに高くないし、胸もそんなにない……そんなにっていうか、Aカップしかなかった。

…ちなみに、今もBカップくらいしかないけど……。

同級生たちはやっぱり巨乳とかがいいらしくって、性的な目で見られたことがなかった。
だから、痴漢にあったとき、何が起こったのか正直いって理解できなかった。


痴漢とかは、もっとかわいくて巨乳な子が遭うものだって思っていたから、私なんかが痴漢されるわけがない。
気のせいだって思ったけど、でもしらばく時間がたっても、手がついてまわってきて……おしりを動かして避けても、ずっとついて来る。

下着越しにおしりの割れ目をすりすりしてきて、気持ちが悪いし、くすぐったい。
やめてほしいけど、こんなところで大声を出して目立つのもはずかしい。

しばらくすると調子に乗ってきたのか、あそこの割れ目をすりすりしてきた。
さすがにやめさせなくちゃ!! って思っても、タイミング悪く、停車した駅でドッと人が流れ込んできて、身動きできなくなっちゃった。

でも手がどこかにいったから、わたしは、
「さっきの駅で下りたのかも」
って思ってほっとしていたんだ。

そしたら、あそこに固いものがグリッと当たってきて……だれかの鞄の端とか、そんなのかな? って思ってほおっていたら、急にそれが小刻みにケータイのバイブみたいに奮え初めて。

当時はそんな知識なかったから、ただただ困惑して、でも一番敏感な部分(ク○とかいうところ)にぐいぐい押し付けられて……だんだんおしっこが出ちゃいそうな感じに。

声も出ちゃいそうで、がまんするのに必死。
やめてほしくって、手でおしりのあたりをパンッと払おうとしたけれど、逆に手を捕まれちゃった。

「自分だけ気持ちよくなっちゃずるいだろ」
ぼそっと聞こえた低い声。

ぞっとして固まったわたしの手を引いて、なんだか熱くて少し弾力のある固いものを握らせられた。
なにこれ?! って思って手を離したくっても、手の上から握りこまれてしまっているから、離すことができない。

好き勝手にわたしの手を使ってなにかをしている痴漢。
早く終わって……そう願っていたら、あそこに伝わる振動が大きくなって……。
「オレももういきそうだから、おじょうさんもいかせてあげるよ……」

そういって、パンツの横から、直接つるりとしたものが滑り込んできて、ク○に強烈な振動が。
ひとりでオナニーもそんなにたくさんしたことがなかったのに、人に強制的にいかされるって、すっごく気持ちがよくって……。

ぼーっとしていたら自分が下りる駅になって、慌てて下車。
脚がふらついたからベンチで少し休んでから帰ろう…って思ってホームのベンチに座ったんだけど…。

女子ならわかると思うんだけど、座るときって、スカートの裾を綺麗にしくために、しゅっておしりを撫でながら座ること多いよね?
そうしたときに、なんだかベチャッとした感触がして……手を見たら、半透明な白っぽい液体がねちょってついてた。

ぞっとして、すぐに家に帰って、洗濯機に制服つっこんで洗っちゃった。
あとでお母さんに「なんで制服を洗濯機で回したりするの?」って叱られたけど。

怖かったのに、その夜はどきどきして眠れなくって、ケータイのバイブ機能を使ってひとりでオナニーした。
今思うと、あの痴漢体験のせいで、オナニーの頻度も多くなったし…エッチな子になっちゃったって自覚はある。

コメントを書く