【愕然】子供とサッカー教室に行ったはずの妻がグランドにいない→教室を探して回っていると・・・・・・・・・

【体験談】投稿者は妻と子供がサッカー教室に行ったので一人家にいたのだが、たまには子供たちの様子を見に行こうかと思い立ち、学校へ行く事に。しかしそこに妻の姿が見当たらない。近くの主婦達に聞いてみるとどうも様子がおかしい。そこで学校の中へ探しにいってみると・・・。

その日は土曜日で私は家に居た。

妻は午後から子供のサッカー教室の手伝いで子供達と学校に出掛けて行った。

私は一人で家に居るのも暇なので、散歩がてら子供のサッカーでも見に行こうかと家を出た。
学校に着くと、子供達はグランド一杯に広がってボールを蹴っていた。

私はブラブラと奥さん達の集まっている方に行ったが、そこに妻の姿は無かった。

「あの、ウチの女房来てませんか?」
「あらっ、さっきまで一緒に居たのに。ねえっ?」
一人の奥さんが隣に居た奥さんに聞いた。

すると隣の奥さんは顔をしかめ、しいっ、と口に指を当てて、ダメという風に顔を横に振った。
すると最初の奥さんもしまった、という顔をして、急にオドオドした様子になった。

「あ、あの、そう、おトイレにでも行ったのかしら。ねえっ、」
周りの奥さん方の雰囲気が急に気まずいものに変わった。

「あ、あの、何かご用事でしたら、探してきましょうか?」
別の奥さんが校舎の方を振り返りながら言った。
「いえ、別に用事って訳じゃ。」
私はその場を離れることにして、奥さん方に適当に挨拶していったん学校を出た。

私は怪しい雰囲気を感じて、学校の裏口から校舎の中に入り、裸足で足音をひそめて階段を上った。
2階の教室を端から順番に覗いていったが、どの教室にも誰もいなかった。

私は3階に上がった。
3階の教室も2階と同じ様にひっそりと静まりかえり、校庭から遠く子供の声が聞こえるだけだった。

(私はいったい何をやってるんだ?)私は馬鹿らしくなって4階まで階段を上ったところで、もう帰ろうとしかけた。
その時、「ああっ、」という女の悲鳴のような声がどこからか聞こえてきた。
私は耳を澄ませた。

うっ、とか、あっ、という声が途切れ途切れに聞こえてくる。
(こっちだ)私は声の方にそっと歩き始めた。

近づくにつれて、女の声はだんだん大きくなって来た。
それに交じってくぐもった男の声もする。
廊下の一番奥の教室まで歩き、ドアのガラス窓からそっと中を覗いた。

「!!」私は見たものに目を疑った。
教室の床に寝そべった男の上に全裸になった女が跨っていた。
女はこちらに背を向けて男の上で腰を振っていた。
男のものが蜜でぬるぬるに濡れて、下から女の秘所に突き刺ささっている。

「ほら奥さん、ちゃんとしゃぶれよ。」横にもう一人の男が立って、女の顔に太いものを押し付けた。
男は子供のサッカー教室のコーチだった。
大学生くらいの若い男だが、ずり下げたショートパンツの上から、巨大なものをそそり立たせていた。
女がその男のものを掴んで唇を寄せた時、女の横顔が見えた。
それは妻だった。

妻は男のものを口に含んだ。妻の横顔は快感に歪み、男のものが突き上げるたび、太いものを挟んだ唇から「うっ、あうっ、」とうめきが漏れた。

男が両手で妻の頭を掴み、腰を使いだした。妻の唇に赤黒いもの出入りする。
妻は懸命に男のものをしゃぶろうとするが、下からの突き上げにあえぎ声をあげ、つい口がおろそかになった。

「おら、奥さん、そんなんじゃいかないぞ。子供達が待ってるんだから、早くしないと。」
「ああん、もうだめ、いっちゃう。」妻は切れ切れの声で言った。

「ねえ、来て、あなたも、」妻は横に立つ男のものを握り締めながら、顔を見上げて言った。
「ふふ、奥さんも好きだねえ。いつも最後は2本か?」
「ああん、だっていいんだもの。」

「奥さんはどっちが好きなんだよ。」
「え、ええ、やっぱりおめ○。でも後ろも良くって。」
「最初はあんなに痛がってたくせになあ。」

「俺にアナルやらせてくれよ。」
今まで下になってた男が言った。
「OK。じゃ、交替だ。」

横に立っていた男が妻を引きずる様に持ち上げた。
妻の秘所からズポッと音を立てて下の男のものが抜けた。
開ききった妻の秘所から、蜜が糸を引いて垂れ落ちた。

「もう腰が抜けそう。」妻はいやらしく身体をくねらせながら男にしなだれかかる。
「まったくスケベな奥さんだな。下に子供がいるのに、こんな事してていいのか?」
「いやん、そんな事言わないで。」

妻は男の口を塞ぐ様に男の顔を引き寄せ、唇を突き出した。
男がそれに答えて強烈なディープキスを始めた。

「まったく見せつけてくれるぜ。」
下になっていた男が立ち上がり、抱き合ってる妻の後ろから乳房を揉み出した。
その男もサッカーのコーチで、毛むくじゃらの下半身からたっぷり妻の蜜にぬれたものが上を向いて立っている。

妻は肉棒をそそり立たせた若い男2人に挟まれ、幸せそうな顔をしてキスに夢中になっていた。

「はあっ、」ようやく唇を離すと、妻はぼうっと上気した顔で後ろの男にもたれかかった。
男の手はまだ妻の乳房をいやらしく揉んでおり、私の見慣れた妻の黒ずんだ乳首を指の間に挟んで捻っていた。

妻にフェラチオさせていた男が今度は床に寝た。
「さあ、来いよ。」男に言われて妻はおずおずとその上に跨り、自分で男のものを掴んで、おめ○に導いた。
「はあっ、」男の上に腰を落とし妻はまた腰を激しく振り出した。

「ああ、いいっ、」悶える妻の身体を下になった男が抱き寄せる。
妻の股間が大開きになり、男のものが下から出入りする様が丸見えになった。
アナルも上を向いて丸見えだった。

「根元まで入ってるのが丸見えだぜ。」もう一人の男が後ろから妻の秘所を覗き込んだ。
「ああん、あなたも早くう。」妻はいやらしくお尻をうごめかし、男を誘った。
男は妻の腰を引き寄せると、先端をアナルにあてがった。

「あうっ、」妻がうめいた。
「ふふっ、タップリ濡れてるからすぐ入るな。」
「使い過ぎでガバガバなんじゃねえか。」
「やだ、そんなこと、ない、わ、」妻が男達の間で切れ切れに声を上げる。

後ろに入れてる男がズンと突いた。
「うわーっ、」妻が叫んだ。
「おなかが裂ける〜、」
「何言ってるんだ、何でも入れるくせに」男達は構わず妻の身体に太いものを打ち込んだ。

妻の秘所に2本の太いものが出入りする。
妻の2つの穴はどちらも張り裂けそうに開いて、男のものを根元まで飲み込んでいた。
「あ、あうっ、だめ、壊れちゃう、」

妻は2人の男の間で悶えまくっていた。
家では出したことの無い様な大きな声で叫び、ついにはヒーッ、ヒーッという悲鳴しか出なくなるまで叫び続けた。

「ほら、奥さん、もういくぞ、」男達の動きがさらに激しさを増した。
「ああ、来て、来て、一杯出して、」
妻も頭を髪の毛がバサバサいう程振り立て、わめいた。

「うっ、」上の男がうめいて妻のアナルの中に放出した。
「ヒィー、」妻は背中をのけ反らせて、叫んだ。

「おう、締まる、」下の男もズンズンと突き上げ、妻の中に放出した。
「うああ〜っ、」妻はまた大きく叫び、妻の身体はビクンビクンと何度も痙攣した。

「ふーっ、アナルは良く締まって最高だぜ。」
上の男のものが妻のアナルから抜け出た。
妻のアナルは穴が開いた様に開きっぱなしで、、そこから白い精液がダラダラと流れ出した。

「ほら奥さん、気を失ったのか?」下の男が妻の身体を横に転がして立ちあがった。
妻は男達のされるがままで、床に大の字になって転がったまま、まだ荒い息で胸を上下させていた。

股間の二つの穴から男の精液と妻の蜜が混じったものが流れ出し、床に白い水溜まりを作っていた。

私は呆然とその妻の様子を見てそっと立ち去り、いつもと変わらない日々を今も送っている。

 

管理人のたわ言(´・ω・`)なんで?

コメント

  1. 1. XM  

     普通は、後ろからコーチの頭を鈍器で、思いっ切りぶん殴る。
     相手は頭を強打され、頭蓋骨骨折で、脳味噌が外に露出。

コメントを書く