【獣姦】人間の女と交尾するウミガメがいるという話を聞いて調べてみた結果・・・・・・・・・・・

【体験談】フリーの記者だった投稿者は昔、とある自称学者から女性とセックスするウミガメがいると聞いた。そして実際にそれを体験した女性の話も食効くことができ、半信半疑で沖縄のとあるビーチへ向かう・・・。

タイトルの通り、信じられないことに人間の女性と”交尾”する海亀がいること知ったのは10数年前、僕がフリーの記者をしていたときでした。

情報の出所は”自称”、生物学者を名乗る学者からでした。
それだけでも怪しい情報だと思いますが、学者が言うには、その亀は通常のアカウミガメなどの海亀から”突然変異”した種とのことです。

学者の話を要約するとその”亀”はちょうど真夏の7月、8月頃に繁殖期を迎え、沖縄県のとあるビーチに夜中に上がってくる習性があるとのことでした。

通常砂浜などに上がってくる海亀はそこで雄と雌がお互いパートナーを見つけ、交尾に及ぶのが普通ですが、おかしいのは、その亀に限っては、ビーチに上がってくるのは何故か皆”雄”の亀ばかりであり、雌は一匹もいないというのです。

よって交尾という目的ではない為、どうしてこのような習性があるのか明確には分かっていないとのことでした。。

ただ、その学者が言うには、ビーチに上がってくる繁殖期の雄亀達は、特に”女性ホルモン”に異様に敏感な嗅覚をもっているらしく、”雌”であれば、同じ亀だけでなく、、、異種の雌、、例えば人間の”女”に対しても同様の”行為”に及ぼうとする習性があるとのことでした。

そして発情期の雄亀から分泌される唾液や体液には、雌を発情させるかなり強力な催淫効果があるらしく、その効果は人間の女性に対しても例外ではないとのことです。

よってその雄亀に接触された女性達は、皆一様に発情してしまい、”亀と交わる”という異常な行為にも、抵抗なく及んでしまうという話でした。

学者は、女性と交わるその亀の事を”姦亀”と呼んでしました。
僕はその話を聞いた時、とても信じられませんでした。
「このおっさん。。何を与太話をしているんだ?」と思いました。

学者もそれを感じたのでしょう。
そこで実際に姦亀と交わったことがある女性を紹介してきました。
その女性はまだ23歳の若い女性で、ここでは名前をAさんとします。
ここでは聞かされた内容をAさんの視点で書きます。

Aさんが言うには、実際の”姦亀”については一部の女性達の間では既に話題になっているとのことでした。
Aさんの最初のきっかけは、すでに姦亀と経験がある友人からだったそうです。

その友人と沖縄旅行に一緒に行った際、その話を持ちかけられたとのこと。
最初のうちは、友人から「本物の海亀が真近くで見られるビーチがあるから、見に行こうよ!!」と誘われ、軽い感じでいったようでした。。
夜のうちに友人と共に車で、そのビーチに到着すると、友人から水着に着替えるように言われました。

「こんな夜中に、なんで水着に着替えるの?」

Aさんは友人がなぜそんな事を言い出すのか、訳が分からなかったそうです。
友人が言うには、その海亀は複数の色に対して、警戒心があり、服を着たまま行くと逃げ出してしまう可能性があるとのこと。
ただ肌色には警戒がない為、ある程度、肌を露出させたほうが真近くで見えると説明されました。。

Aさんは何となくその話を信じられませんでしたが、、友人から「だってほら!皆そうだよ」と指差されたビーチのほうを見ると夜のビーチには、すでに何人かの女性達が、水着姿でたむろっているのが見えました。
友人が言うには、皆その海亀を見に来ていた人達とのことです。

それを見たAさんもようやく納得し、ビキニの水着を着用してビーチに出ました。
ビーチにはAさんと友人の他にも、結構な人数の水着姿の人達がいるようでした。
夜なのでよく見えませんでしたが、話し声等から、ビーチにいるには何故か皆女性のみで男性が一人もいないようでした。
友人に聞くと、その海亀、どうも男性に対しても異常に警戒があるらしく真近くで見られるのは、女性のみとのことでした。

Aさんは夜のビーチに水着姿でたむろしている女性達に妙な違和感を覚えていたそうですが。

「その亀はどこにいるの?」

と友人に聞くと、

「もうビーチのそこら中にいるよ!よく見てごらん」

友人はそう返答しました。
周りを見てみると、確かにビーチには女性達の他に何か、丸い沢山の物体の影が
そこら中をノソノソと動き回っているのが見えました。大きさは大体大型犬くらいだったとのことです。
その影は、ビーチにいる女性達に抱きついていたり、あるいはブルーシートに寝そべっている女性に覆いかぶさっていたりしていました。

よく耳をすますと、女性達に絡んでいる影は皆「あ゛~~!!あ゛~~」と興奮しているような奇怪な鳴き声を出していました。
どうもその”影”が友人のいう海亀のようでした。

しかしAさんがもっと驚いたのは、そうした亀に抱きつかれていたり、覆いかぶされている女性達は皆一様に悩ましい”あの声”を発していることでした。

よく見ると、女性達に絡んでいる亀達は皆一様に盛んに腰を動かしていました。
そしてその行為を受けている女性達は、その動きに合わせて喘ぎ声を発し、自ら悩ましい肢体を亀に絡ませてをいました。

それは明らかに通常、亀と女性達が”sex”している光景に見えました

「あれは。。。何をしているの?」

唖然としたAさんは友人に聞くと、友人からようやくこの姦亀の事について聞かされたとのこと。
そして気がつくと、Aさんと友人の周りにも沢山の姦亀達に囲まれており、興奮したそのうちの一匹がAさんに抱きついてきました。

Aさんは悲鳴を上げ、友人に助けを求めましたが、

「怖がらなくても大丈夫だよ!すぐに気持ちよくしてくれるから。。そのまま亀達に身をまかせて」

と言われました。

見ると友人のほうもすでに同じように亀に抱きつかれていました。

姦亀は「あ゛~~!!あ゛~~」と興奮したような鳴き声を上げながら、Aさんの体中を舐め回し始めました。

ベロベロとした舌の感触は犬のそれに近く、Aさんは生臭さから嫌悪感を覚えましたが、恐怖から体が硬直したように動かなかったようです。

しかし次第にAさんの体に変化が現れてきました。
体が妙に熱くなっていき全身が痺れるような甘い感じになってきたそうです

あれほど嫌悪感があった姦亀の舌の感触に敏感に反応してしまい、次第には自ら水着を脱ぎ捨てて裸になり、全身を舐めてくる姦亀に身を任せてしまったとのことです。

それが学者の言う催淫効果の影響なのでしょう。。。
また雄亀が舌で雌の全身を舐め上げるのが、”姦亀”の”求愛行動”とのことです。

姦亀のほうも相当興奮してるようで、Aさんが両脚を広げると、その間に頭を入れ、まるで人間の男がするように、Aさんの女性器に舌を入れ、器用にクンニリングスを施してきたようです。

Aさんは余りの気持ちよさに、野外にも関わらず、はしたない声をあげ、何度か失神してしまったとのこと。

「それからはもう何も抵抗はありませんでした。。。」

Aさんはその時の事を思い出すかのように顔を赤くしながらそういいました。

Aさんの女性器を舐め上げ、もう興奮状態の姦亀は「あ゛~~!!あ゛~~」とさらに大きな鳴き声をあげながらAさんの体を仰向けに押し倒し、覆いかぶさってきました。

亀の甲羅から、にょきにょきと、人間とは明らかに違うピンク色に光るペニスが伸びて、自分の脚にペタペタと当たりました。
それはまるで一つの軟体生物のようでした。
何よりもAさんは特にその鬼頭の大きさに唖然としたようです。

あまりにもグロテスクなそのペニスにAさんは一瞬戸惑いましたが、隣ではすでに友人と姦亀が”交尾”を始めていました。
四つんばいになった友人に亀が覆いかぶさり、激しく腰を動かしていました。

「アッ。。ン♡っ!アッッアッあぁっ・・・・すごいっ大きい!!!」

バックから姦亀に突かれてる友人は、真っ赤に顔を紅潮させて、喘ぎ声を上げていました。
友人に限らず、周りで姦亀と交尾している女性達は、皆一様にうっとりして陶酔しきったような表情で、気持ちよさそうな喘ぎ声をあげ、”亀とのセックス”という異常な行為を逆に楽しんでいるようでした。

Aさんも周りの行為を見て、もう我慢ができなくなりました。自分に覆いかぶさっている姦亀に誘惑するように自ら脚を広げて、女性器を晒し

「もう入れて・・・」

と要求しました。

その意図を察したのか姦亀はそのまま正上位の体勢でAさんの女性器に自らのペニスを挿入してきました。
グニュリという感触とともにAさんの中に姦亀のペニスが入ってきました。
その感触は人間の男の様に固くなく、本当にグニュグニュした軟体生物のようで明らかに違うようです。。

ただ姦亀が腰を動かし始めると、それに連動するかのように、ペニスが軟体生物のように暴れ始め、膣内を擦り始めました。

人間の男とは明らかに違うsexにAさんも夢中になりました。
はしたない声をあげながら、いつの間にか姦亀に抱きついて、自らも積極的に姦亀の動きに似合わせて腰を動かしてしまっていたとの事。

また交尾中も姦亀はまるで、自分の”雌”を愛くしむかのようにAさんの体をベロベロと舐め上げてきました。
唾液に含まれる催淫効果でますますAさんを狂わせていき、行為中何度かイッてしまったようです・・

そうこうするうちに姦亀の「あ゛~~!!あ゛~~」という声が甲高くなったかと思うと、大量の精液がAさんの中に降り注ぎました。

それは人間のようにねっとりとしたものではなく、まさに牛乳のようにさらりとしたものだったようです。
濃厚な姦亀との交尾の時間は、およそ5分ほどの短いもののようでした。

交尾を終えた姦亀は、Aさんからペニスを引き抜くと、まるで行為後の後戯のように、またAさんの体をペロペロなめあげ、満足したように去っていきました。

しかし、それでは終わらず、周りにいた興奮状態の別の姦亀がすぐにAさんにのしかかってきたようです。
まだ催淫効果が残っていたAさんも迷うことなく、そのまま続け様に後4匹ほどの姦亀の”相手”をしてしまったようです。。

「行為中に襲われるなど、、危険は無いのですか?」

と尋ねましたが、Aさんいわくその姦亀は非常に”紳士”とのことで。。
行為中、女性が少しでも嫌がる素振りを見せると、すぐに諦めて身を離してくれるようです。

実際、4匹の相手をした後Aさんには、またすぐに別の姦亀がのしかかってきましたが、Aさんが「いやっ!」と声を上げて抵抗すると、すぐに諦めて、逆に逃げるようにいってしまったとのこと。

Aさんのその話を聞いて、僕はその”姦亀”に興味がわきました。もちろんにわかには信じられない話だと思いましたが、Aさんの説明には妙に生々しいリアリティ感がありました。

とにかく、まずは自分の目で見ないことには始まりません。
僕はとりあえず、Aさんにその姦亀と女性達が交尾するというビーチの詳細の場所を聞き、沖縄に向かうことにしました。

 

その姦亀ですが、人間の女相手とは正反対に、人間の男に対しては異様な警戒心があるとのことです。
実際1組のカップルがそのビーチに来た事があるようですが、姦亀達は人間の男がいると分かると、女性達と交尾中だったにもかかわらず、皆一目参に海に逃げていってしまったことがあったとのことです。

学者が言うには、姦亀は人間の女性とそのような行為をする影響かから特に人間の男女の違いを見分ける機能が異様に発達しているようです。

「なんというか、、本当にドスケベな亀だなぁ。。。」

僕は姦亀に呆れながらも、ある程度の距離から撮影でき、
かつまた姦亀と女性達が行為に及ぶのが真夜中のため暗視機能つきの高性能の望遠カメラを用意しました。

那覇市内でレンタカーをかり、僕はさっそく現地のビーチに下見に向かいました。
そこは実際人里からは、かなり離れた所で、どちらかというと”秘境”とも言える場所にありました。

実際道に向かう途中、通行禁止という看板ありましたが無視して向かいました。
とても整備しているとは思えないダートの道を抜けると、急に視界が広がり、そこに周りを岩山に囲まれたこじんまりとした砂浜が見えました。

全長50mにも満たないでしょうか?まさに知る人ぞ知るビーチといった感じです。
ビーチといっても、そのような秘境ですからシャワーやトイレといった施設はまるでなく実際昼行った時は、海水浴客は一人もいませんでした。
もちろんまだ例の姦亀の姿も一匹も見当たりません。

「本当にここで、亀と人間の女がセックスしちゃうのかねぇ~。。。だまされたんじゃないか?」

僕はなんとなく不安に思いながら、とりあえず夜まで時間を潰そうとその地を後にしました。
一番近い村で、とりあえず夜の21:00まで時間を潰した後、僕は早速現地に向かいました。

例のビーチへ続くダート道の途中、僕が運転する車の前に、一台の軽自動車が走っているのを見かけました。
その車は、僕と同じく例のビーチに向かっているようでした。
こんな真夜中に、あんな秘境にあるビーチに向かう車。。おそらく例の”姦亀”が目的の女性に違いありません、

「おいおい。。マジか。。マジなのか。。」

僕はそこで初めて期待が持てるようになりました。

現場のビーチにつくと、ビーチ前にある道の路上には、昼間とは打って変わって結構な数の車がすでに駐車されておりました。
また僕の前を走る軽自動車もやはりその路上に停車しました。

僕もそこに停車し、様子を伺いました。
見ると、停車した軽自動車から2人組の若い女性が降りてきました。
車から降りてきた女性達は2人ともビキニの水着姿で、まるで海水浴にでも向かうかのような荷物を持ち、クスクス笑いあいながらビーチに下りていきました。

こんな夜中に女性2人だけで、海水浴をするなどどう考えてもおかしな話です。
僕はその2人組みを見て、ようやく姦亀の話が本当だと確信できました。

僕はとりあえず、人間の男を見ると逃げ出すという姦亀にも、また女性達にもばれずに、かつ望遠カメラからビーチ全体を見渡せる位置を探し、そこにカメラをセットして息を潜めました。

望遠カメラを覗くと、ビーチには先ほどの2人組の女性の他にも結構な人数の女性達がそこら中に見かけました。
女性達は、話に聞いたようにみ皆水着姿で、おのおのビーチにブルーシートを引いて座っていたり、寝そべっていたりと、まるでこんな夜中に海水浴を楽しんでいるかのような異常な光景が見えました。

カメラで見るかぎり、皆20代~30代くらいの結構若い女性が多いようでした。
夜中のビーチには、女性達がなにやらヒソヒソ話あう声や、クスクス笑いあうような声が響きわたっていました。

ただビーチにはそんな水着姿の女性達だけで様子を見る限りまだ、例の姦亀の姿はありませんでした。
それから大体30分~1時間くらいを過ぎたころでしょうか。。。

夜中のビーチには女性達の声に混じり、、「あ゛~~あ゛~~」とか「う゛~~う゛~~」という低い呻くような声が混じり始めてきているのを聞きました。

僕が思わず見ると、いつのまにかビーチにいる女性達の周りを囲うかのようにノソノシと動き回っている大量の影がいることに気づきました。

 

僕はすぐにその大量の影を暗視カメラで覗くと、それはまぎれも”亀”でした。
話に聞いたとおり、大体大型犬くらいの大きさの海亀でしょうか。。。

亀たちは皆一様に呻き声を上げながら、ちょうどビーチにいる女性達がいる区画をすべて囲むようかのようにして、ぐるぐると回り始めました。

そして皆、ぐるぐる動き回りながら、ニョキっとした首をかしげ、女性達の様子を伺っているようです。
その動きはまるでは獲物(女性達)を囲んで、逃げられないようにし、今から狩りを始めるかのような行為に僕には見えました。

実際中には、女性達を見ながら、すでに興奮しているか。。、舌を出し,涎をダラダラたらしている亀も見かけました。

それは明らかに人間の女に”欲情”しているようでした。まぎれもなくこの亀達が、学者やAさんがいう”姦亀”に他ならないと確信しました。

当の女性達のほうはというと、初めて参加するのか、自分達の周りをぐるぐる動き回る亀達を見て、「すご~い。。。」という歓声を出す者もいれば,興奮している亀達の様子を見て、おかしそうにクスクス笑いあう者達、そしておそらくもう何回か参加しているのか、姦亀達を逆に挑発するかのように、水着をはだけて、オナニーを見せ付けているような人達もいました。

僕はそんな異様な光景をカメラ越しに固唾を呑んで見ていました。
次第に、姦亀達が女性達の周りをぐるぐる回る輪が徐々に狭まっていき、ついにその輪の姦亀の一匹が女性の1人にガバっと抱きついていきました。

抱きつかれた女性は「キャッ!!」と悲鳴を上げました。

それを皮切りに姦亀達が皆一生に、女性達に抱きつき始めました。
ビーチ中に亀に抱きつかれた女性達の「キャーキャー!!」という黄色い悲鳴がそこかしこからが響き渡り始めました。

それが”亀と人間の女の交尾”という異様な行為のの始まりでした。。。

コメントを書く