小学生の時、親戚のお姉さん(中2)と一緒にお風呂に入って泣かしてしまった話・・・・・・・・・

【体験談】投稿者が小学生の時に従姉のお姉さんと一緒にお風呂に入っていた時の思い出。お姉さんの裸をみてある疑問が沸いたのだった・・・

親戚のおねーさんがいる。

おねーさんって言っても実際は俺の母親の年の離れた妹、叔母に当たる関係だけど、8歳しか離れてないから親戚のおねーさんって感じ。

そのおねーさんの結婚式に呼ばれてるので、思い出話を語ろうと思う。

 

今は引っ越したけど近所に住んでた頃、その時おねーさんは中学二年生で、俺は小一だったと思う。

今も美人だし、昔は可愛い感じで、恐らく中学の頃からモテてたと思う。

 

俺もおねーさんに懐いてて、おねーさんも可愛がってくれてた。

今考えると中学生なのに子供の面倒を見て大変だったろうなーと思う。

俺の母親と姉妹仲良かったからよく家に来てた。

よく風呂に入れてもらったり一緒に寝たりしてもらって。

その度におねーさんにぎゅーって抱きついたらすごくいい匂いしたの覚えてる。

可愛い女の子って、なんであんなにいい匂いするんだろうなって成長した今でも不思議。

 

ただ、俺が幼稚園だった頃はおねーさんと一緒にお風呂に入っても、おねーさんにアソコの毛はなくて、つるつるだった。

その頃はさすがに注意深く見てたわけじゃないからあやふやだけど、俺が小学校に上がって、おねーさんが中学生になって一緒にお風呂入ったら、もうおねーさんのマン毛が生えてた。

 

子供だったから、単純に不思議で、質問攻めした。

おねーさんのここ、どうして毛が生えたのって。

マン毛を指差しながら。

 

おねーさんは耳まで真っ赤になって、あ、これ聞いちゃいけないこと聞いたかなとか思った。

でも、相手が子供だからちゃんと教えてくれた。

「大人になったら、大切なところに毛って生えて来るんだよ。ほら、髪の毛は頭を守るために生えてるでしょ? それとおんなじだよ?」

みたいな感じで。

恥ずかしいだろうに、優しく教えてくれた。

今思い返すとすごく恥ずかしいんだろうなってことはわかる。

けど、当時子供だった俺はそれに気付かず、質問を重ねた。

 

「ここっておしっこする場所だよね? おしっこする場所って、そんなに大切なの?」

 

お姉さんの顔がますます真っ赤になったけど、一応答えてくれた。

 

「ここはね、女の子にとっては赤ちゃんができる場所だから、大切な場所だよ?」

 

今記憶を思い返すだけでかなり萌える。

可愛い女子中学生がマンコについて子供に教えてるんだからw

ただ、当時の俺は男にちんちんがついてるのに女の子についてないのも不思議だし、マン毛が生えてるのも不思議だった。

だから気になってみたくて、

「おねぇちゃんのおちんちんのとこ、みせて?」

と言ってしまった。

おねーさんはもう本気で真っ赤。

恥ずかしそう。

「ごめんね、さすがにちょっと見せられないかな」

とだけ言ってくれたけど、当時ガキだった俺は、

「えー、じゃあママに見せてもらうよ」

といった。

「女の人にそういうこと言っちゃだめだよ」

「だっておねえちゃんみせてくれないし」

「あのね、でも……」

「どうしてみせてくれないの? いじわる……」

おねーさん、泣きそうな顔してた。

そして、人がいいお姉さんは結局根負けして、

「……ちょっとだけだよ? さわっちゃだめだよ?」

そう言って、トマトみたいに真っ赤になって、見せてくれた。

 

今考えればとんでもないこと要求してたし、おねーさんもとんでもない要求にこたえてくれたとおもう。

そして俺は女の子のアソコ見るのは初めて。

おねーさんも見られるのは初めてだったと思う。

 

おねーさんのマン毛は縮れ毛で、くしゃくしゃーってなってて。

でもマン毛が生えたばっかりだからそこまで濃いって感じじゃなくて、ビラの部分まではっきり見えた。

しわしわのビラがちょっとはみ出てて、ぴっちり閉じてる。

ピンク色で、今記憶にあるおねーさんのマンコは、すごくきれいな方だったと思う。

しかも恥ずかしそうにしながら子供相手にアソコ見せるおねーさんは、思い出すだけで萌える。

 

ただ、そんなことに気が回らない当時の俺は、ストレートに言ってしまった。

「なんかおねーさんのここ、変だし汚いね」

女の子だったら誰もが傷つく言葉。

もちろんおねーさんも傷ついた。

「あ、あの……ごめんね……」

そしておねーさんは泣き出した。

おねーさんの姉で俺の母親が駆けつけてきてどうしたの?って聞かれて。

もちろんおねーさんは答えないけど、俺は答えてしまった。

「おねーさんのおちんちん見てたら、おねーさん泣いちゃった」って。

 

母親からばちーんってぶたれた。

そこから記憶があいまいだけど、なんでぶったのか、なんでおねーさんが泣いたのか、当時の俺は結局わからなかったと思う。

 

それがわかるようになるのはあと3~4年後だった。

今でも正直いい思い出で、おねーさんが遊びに来たり親戚同士で集まったときは、おねーさんのアソコを見て泣かせた思い出を思い出してしまう。

もうすぐおねーさんの結婚式なので、おねーさんも女だし、いろんな経験したんだろうなーとか思うとちょっと複雑だけど、素直に祝福しようと思う。

コメントを書く