【悲劇】女ですが、小学校の体育の授業で鉄棒をしながらお漏らししてしまった結果・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者女性は小学生の時に体育の授業中、オシッコが我慢できず鉄棒しながらお漏らしをしてしまった。しかしその時に快感を覚えてしまう。次の日、クラブ中にまたお漏らしをしてしまうのだがそれをきっかけに悲劇が始まってしまう・・・

こんにちは(」・ω・)
私は現在21歳の大学生です!
小学校の時の実体験を書きたいと思います
これはわたしが5年生の時の話です
私は毎日楽しい小学校生活をおくっていました

私はこの歳にオナニーの感覚を知りました
その日は体育の授業で鉄棒をやりました

当時の小学校では学校指定の体操着でブルマと白い体操服でした
私はその体育の日におしっこを我慢していました

1、2時間目が続けて図工だったのでトイレいけなくて(;´Д`)
体育の時間中もおしっこを必死に我慢していました

ほんとは手で押さえたりしたかったのですが、やっぱり乙女であり恥ずかしくできませんでした
しかし限界の状態になった時に押さえなきゃ漏れそうだったので私は鉄棒を利用して我慢することにしました

鉄棒にまたがって必死に押し付けていました


授業終了まで我慢することができたんです…我慢できたのに私は鉄棒から離れたら間違いなく漏れる状態なので必死におしつけてました
先生にもどうしたの○○さん?といわれたし他の同級生たちもみんなわたしに注目していました
絶対にしてはいけなかったのにもう膀胱はいうことききませんでした

みんなの注目を浴びながら私は大量におもらしをしてしまいました
水たまりはありえない大きさだったのを覚えています
結局その後私は保健室につれていかれ
その事件はそれでおわりました

ここだから言えることですが私は鉄棒に押し付けた時にありえないぐらいの快感がきました
ほんとは授業中ずっと気持ちよさにおぼれていました

その時おしっこの我慢なんかどうでもよくなっていました…むしろ逆に漏らしたいとまで思っていたのです
そしておもらししたつぎの日のことなのですが私は給食の後に異常なくらい水をのんでいました
そして予想通りに激しい尿意を帰りの会の時にきました

そのあとはクラブ活動があり私は一輪車、竹馬、リレークラブというところに所属していました
私はワザっとおしっこを我慢して体操着に着替えていってしまいました
クラブ活動には6年生、5年生、四年生がいるから絶対にしてはいけなかったのに・・・

クラブ時間は3時間なので小学生のわたしに我慢できるわけありません
結局その日は一輪車の日で乗ってから五分もたたないうちに漏らしました
6年生の人は結構たくさんいておもらししてからきてといわれ私は保健室に連れていかれるものだと思い何も言わずについていきました

しかしつれていかれたのは学校裏です
私はとてつもない恐怖を感じていました

先輩の一人に○○ちゃんさっきワザっと漏らしたよね?
クラブ始まる前にトイレ行きたい人のために時間すこしとったのになんでいかなかったの?
と聞かれました

私はもう頭のなかは混乱状態でありました
そのうちほかの先輩もきもっ、とか臭いから早く洗えよ、と暴言をはいてきました
そしてその最初に喋った子はクラブ長なんですけど覚えとけよといわれました
私は先輩立ちが去っていったあと涙がとまりませんでした

そしてつぎの日とうとういじめに遭遇してしまいました
私の机におもらし野郎などときたないことばがたくさん書かれていました
私はパニック状態になりながら必死に雑巾で消しました
そして授業が始まりました

私はなにをされるかわからないとすごく怯えていました
結局放課後までは何もありませんでした・・そう放課後までは・・・

いつも通りクラブにも行きました
しかし一輪車クラブの教室前に来た時私は先輩たちに無理やりなかにいれられ椅子にすわらされると私を拘束しました
体操着は教室から着替えていっていましたので拘束されたときに体操服が軽くのびてしまいました
そしてクラブ長が

なんできたの?

といいました

私はパニックで答えられません
次第に先輩たちに囲まれているなか同じクラブの同級生たちもきました
私は助けてくれると思ってました
しかしわたしが甘かったです

同級生たちは
もう始めてたんですか

私は最初耳を疑いました

実は同級生も後輩たちもいじめに加担していました
そのあと同級生の子は2リットルのお茶を出しました
そしてクラブ長は私にむりやり飲ませられました

最初は吐き出していましたが息が続かなくなりどんどんお腹にながしこまれました
それからクラブのみんなは特になにもいわずに体操着に着替えるとトランプをやり始めました
私は大きな声で叫びました
誰か助けて!と

ですが、結局声をだせないようにハンカチを口に押し込まれました
それから30分ぐらいしてからわたしに尿意が襲ってきました
もともとトイレが近い体質だったせいです

私は手を椅子の後ろに拘束されており足も開いた状態で椅子に縛られていました
あたしはトイレ行きたくてソワソワしているとクラブ長がトイレ?と話しかけてきました
私は頷きました

しかしクラブ長は拘束を解くどころかデジカメを目の前の机においたのです
私はパニックになり必死に椅子をガタガタと揺らして暴れました
しかし解けるわけもなく尿意はすごく強くなりました
先輩たちはもういいかと言うと口のハンカチをとってくれました

しかし拘束はときません私はふたたび助けをよぼうとしましたがクラブ室は校舎から離れており周りはだれもいません
しだいにわたしは先輩たちに必死に訴えました
トイレいかせて!おしっこ漏れる!と
しかし先輩たちはさらに嫌がらせをしてきました

体操着の着方が乱れてるよ?
そう言うと同級生の一人が立ち上がりわたしの体操服をおもいっきりブルマの中にしまいました
わたしはパニックでおしっこ!トイレ!と叫んでいました

このまま漏らせばブルマどころか体操服までびしゃびしゃになるからです
そのあと先輩は携帯トイレをだしてカメラの横におきました

先輩は
あんたのトイレはそれだけだから。勝手にしな
とつげてまたトランプを始めてしまいました

わたしは意味がわかりませんでした
体は拘束されてるのにどうやってしろと?
わたしは必死に
もれます!せめて体操着はよごしたくないのでぬがしてください!
と告げました

しかし先輩は
いままで何回漏らしてると思ってるの
とみんなで大爆笑しました

それからはなにをいってもきいてもらえず一時間がたちわたしはブルマの色をとても濃くしていました
もうチビらないと病気になりそうだったのです
そして私は最後の力を振り絞り先輩たちにいいました

もう病気になっちゃう、トイレさせて
と伝えました
そうすると先輩はそんなにしたいならいいよとニヤつきながら後輩に命令して紐を解かせました

そして右手が自由になった途端わたしは股間をにぎりしめました
またジュワとおしっこをちびりました
もう直接手にたれるほどブルマとパンツはびちゃびちゃでした

必死ににぎりました左手があくまで
しかしここで予想外なことがおきました右手を解いた後輩がトランプの輪に戻っていったのです

わたしは
ひだりは?!おしっこもうむりといいました
そしたら先輩が
だっと解けっていうから解いたよ?
わたしたち○○ちゃんに構うほど暇じゃかいからというとクラブのみんなは次々とクラブ室をでていってしまいました

わたしを拘束したままクラブを始めにいったのです
わたしは絶望しました
今は右手でおさえているけどずっとはむりだとわかっていました
わたしは強く股間をにぎりしめて股間に力を込めた途端に手を離しました

わたしはおしっこがぶしゅぶじゅじゅ、となりながらもおしっこでぬれた右手で携帯トイレをつかみとり股間に押し付けました
もうだめでした

一気にぷしゃああああとでてブルマにから溢れながらも必死に携帯トイレをおしつけました
鋭い股間の痛みに耐えながら放尿を続けました
そして1時間30分後にみんな帰ってきました

わたしをみてクラブのみんなは大爆笑
先輩たちな
ほんとにやったよこのばか!
とか
きもすぎだろ!
とかいわれました
同級生には
うわ……汚すぎでしょ
とか
もう友達とかでいたくないわー
と言われました

後輩たちには
量やばすぎ
とか
○○ちゃんみたいな人が先輩だったとかはずかしい
といわれました

そしてクラブ長は私に
今日あったことを他の人にいったり
クラブやめたりしたらおもらしビデオばらまくからと脅されました
その後開放された私はトイレに逃げ込み泣きました

たくさん泣いた後に誰も教室にいないのを確認してすぐに着替えをすませと家に帰りました
もちろん脅しのこともありママやパパにはいえませんでした

それからは体育の時間に漏らさせられたり運動会でもおもらしさせられたりとたくさんいじめをうけました
別の話はまた別の時に書きたいと思います

コメントを書く