【衝撃】高2の時、父が家に連れ込んでセックスしてた相手がまさかの・・・私の友達だった・・・・・・・・

【体験談】投稿者女性が高2の時の体験談。父の不倫SEXを自宅で目撃してしまい衝撃を憶えるのだが、よくよく相手の顔を見てみると自分の友達のMちゃんだったのだ・・・

高2の時の話なんですが、クラスで仲のいい友達の中にMちゃんっていて、私の家に遊びに来ることがあったんですよ。

母はパートに出かけていて、リビングで父が新聞を読んでた父が私の部屋に連れて行こうとするMちゃんに「いらっしゃい」と声を掛けたのが二人の初めての出会い。

部屋に入るなりMちゃんが「Hのお父さんって若ーい!カッコいいしうちのオヤジと段違いだよ、ファンになっちゃおうかなーっ」と言い出して…

確かにうちの親は20そこそこで結婚してすぐ私が生まれたからまだ40前だし、父はほとんど毎週草野球やってて体も引き締まっててオヤジ臭くないんだけど、普段のオヤジっぷりを見てる私としては「あんなのファンになるようなもんじゃないってー」と受け流してた。


それからMちゃんは積極的に私の家に遊びに来るようになっては
「お父さんいないの?なーんだ、残念」とか言うから私は内心おいおいマジかよって笑ってたんだけど…。

土曜日にMちゃんが遊びに来るって言ってて、私は約束の時間の前にファッション誌を買っておこうと本屋に行った先で中学時代の同級生とバッタリ。

ついつい話し込んじゃって気が付いたらもう約束の時間。
ヤバイ!と20分送れて家に帰ると、もう家に来ていたMちゃんはリビングで楽しそうに父と話してた。

「ごめんねー、時間は分かってたけどすぐ戻るつもりで行った本屋で友達と話し込んじゃってさー」
「ううん、気にしないよ、おじさんとの話面白かったし。話してみたらやっぱおじさんだね、若者の話題について行けなかったしさぁ。ちょっとガッカリ?」
「あれでも中年なんだからなーんにも特別なんて事ないってば」

Mちゃんとはそれからファッション誌読みながら流行の服とかチェックして、今度コレを探しに行こうとか隣のクラスの誰それが付き合ってるとか話をして、また学校でねーとMちゃんが帰って行った。

その日の晩、晩御飯を済ませてリビングで野球を見ていた父が、「今日来ていたMちゃんだっけ?すっごいよく喋る子で圧倒されたな、世代の差を感じて自分がオジさんだって痛感した」と言いつつも嬉しげな様子に私はちょっとむかついた。

Mちゃんは友達の中でもスタイルのいい子で胸も私より大きいし、別にファザコンでもなかったけど、父の中で私よりMちゃんの順位が上になったなと思うと内心複雑だった。
「気に入るのは勝手だけど、Mちゃん彼氏いるんだからね?」
「えっ、そうなのか。それも当然か…」と父ションボリ。ざまぁみろ。

私はファーストフードでバイトをしてて、別のバイトの子が明日急に休まないといけなくなった、代わりにシフト入って欲しいと頼まれて、「こいつ多分デートの約束でもしてるのか」と内心ムカつきつつもまぁ稼げるかと思ってOK。
別の友達Yと服見に行こうと約束してたのはキャンセル。

ところが、いざ日曜行ってみると店長から「そんなに忙しくないよ、悪いけど人数間に合いそうだから帰っていい」と言われ、私の今日の予定はどーなるの!?と思いながらも帰宅…したのが運命の分岐点

まだ午前だし、家でもう一眠りして昼ご飯食べたら誰かと連絡取って出かけよう…とか思いつつ、家に帰ると玄関にお父さんの靴と、女物の靴。
お母さんはパートに出てるし誰?お父さんの客?と首を捻ってると客間から聞こえる女の人らしき「あぁ…」と呻き声。
不思議に思って、ドアを開けようとすると──
裸のMちゃんにこれまた裸のお父さんが上になってるよ!

信じられない光景に私の頭は思考停止。
ちょっとだけ開きかけたドアの隙間から私が覗きこむ形になって、私に二人は気付いてない様子。
何これ!?何!?なんで!?どーなってるの!?

とそれしか頭に浮かんでこなくて、飛び込む気にもなれなくてじっと二人の様子を見続ける私。
お父さんはMちゃんの大きくて形のいいおっぱいにしゃぶり付きながら、Mちゃんのアソコに指を入れている。
私のいる角度からはモロに見えないけど、どうやら指が二本入ってるみたい。

ちゃんと二人の姿は見えないけど、音ははっきりと聞こえてくる。
お父さんがMちゃんのおっぱいを舐める度にチュバチュバって聞こえるし、その音に混じってクチャクチャと水っぽい音が聞こえてくる。
Mちゃん、お父さんにおっぱい舐められて、アソコかき混ぜられてすっごく感じて音がするくらい濡れてるんだ…。

と二人の姿に見入ってると、私の下半身もジーンと熱くなって来た。
触らなくても濡れ始めたのが分かる。
私、この異常な状態に感じてる…

「あっ…あ…あ…!」
途切れ途切れに聞こえてるMちゃんの小さな叫びみたいな喘ぎ声。
時折ビクリと体が跳ねている様子で尋常でない事が分かるけど…
流石はお父さん、20年近くもお母さんの相手で仕込んだテクはMちゃんには凄過ぎるようです。
そうしばらくもしない内に、Mちゃんは力なく床へと崩れ落ちました。
イったんだ…。

「なぁ、Mちゃん。Mちゃん一人だけイっちゃってズルイな。おじさんのも気持ちよくしてくれないかな?」
その声にMちゃんがのろのろと起き上がると、お父さんの股間へと顔を寄せて…お父さんの大きくない!?てゆーか大きいよ!!
男の人のサイズに詳しい訳じゃないけど、長いとは言えないけど太さはコーヒー缶くらいは確実にあったよ!

すご…私が3つか4つの時にお父さんとお風呂入って、変な物が付いてるなーとは思ったけど、こんなになるとは…
Mちゃん大丈夫!?無理なんじゃないのー!?

敷いてあった布団にMちゃんが寝転ぶと、お父さんが上から覆い被さってMちゃんにあてがうとゆっくりと押し込んでいこうとする。
丁度私からは後ろ向きにその部分がモロに見えて、嬉しいやら気持ち悪いやら。
お父さんも分かっているようで、慎重に、ゆっくりと入れて行く。

「やっぱキツいか…?」
「うあぁ…っは、んぅっ…ん!」
Mちゃんの声が痛みの為か、お父さんのにアソコが一杯に押し広げられる
のが気持ちいいのか、辛そうな響きを帯びる。
目が釘付けの私はMちゃんの心配なんかどっかにぶっ飛んでいた。

「やっと全部入ったね、動くよ、大丈夫?」
「はい…大丈夫だから動いて下さい」
お父さんがゆっくりと上から覆い被さったまま、腰をゆっくりと
振り始めた。
「はぁ…あっ、すご…い!」
見てる私も凄いです。
男と女が繋がってるモロ部分なんて裏ビデオを見た事がなかった私には眩暈がする位衝撃的でした。

Mちゃんの液でお父さんのおちんちんが濡れててらてらに光ってて、Mちゃんのアソコも目一杯広がりながら出入りするソレを受け入れてて、Mちゃんのアソコがぐちゃぐちゃにされて、Mちゃんのアソコからは液がどんどん流れ落ちていて、
Mちゃんは「あっ!ひぃ…ああーっ!」と声を上げて、
Mちゃんすっごく感じてて…
しばらく続けているとMちゃんのがお父さんに馴染んで行くのか、お父さんのスピードが徐々に上がって行ってました。

Mちゃんの声は甘いなんてもんじゃなくってもうほとんど悲鳴で、最後に甲高く「やぁ…っ!」と声を上げてイっちゃったみたい。
お父さんもそれを見て取ると暴力的にペースを上げて、Mちゃんのおなかの上に出してました…っておいおい、生だったんだ!?
ようやく二人の行為が終わって、部屋の中の二人も私もしばらくぼーっとしてたけど、唐突に私は我に帰って、こっそりと足音忍ばせて自分の部屋へと戻りました。
もうムズムズして仕方なかった私がオナったのは言うまでもありません。

部屋に入るなり私はすぐさまGパンを脱ぎ捨て、ベッドの上に寝転びました。
二人の行為を覗き見してた間ずっと濡れていたので、ショーツはもうグショグショになっていました。
ようやく自分の思うままに触る事ができる…。
ショーツの横から指を入れてヒク付くアソコを触った途端、たまらない快感が下半身を襲う。

「あぁっ!」
無意識に出た声の大きさに、私は下に聞こえたかもと我に返りました。
そのまま動きを止めて、二階へと向かう足音がやって来ないか様子を伺っていても何も感じられず…
今度は大きな声を上げないようにしようと心に誓って、アソコにあてがった指をゆっくりと動かし始めました。

また広がっていく快感に、押し殺しぎみの声が漏れる。
「はぁぁ…・」
彼氏とのHで愛撫された時よりずっと濡れていたと思います。
私のアソコはもう既にいつでも男性を迎え入れられる状態になってぱっくりと開いていて、軽くあてがっただけの指先がつるっと吸い込まれるように中へと迎え入れられました。

お父さんの指先のテクニックでMちゃんはどれくらい感じたんだろう?
きっと、中で指が二本絡み合うように動いていたんだろうか?
それとも、中を押し広げるように広げていたのか、中を擦るように動かしていたのか…ハッキリと見えていなかっただけにHな想像が私の頭の中に次々と現れ、自分のアソコでそれを試す。

なんとなくHな気分になってやってるいつものオナニーとは感じ方は別世界でした。
私は夢中でアソコの中の指を掻き回し続け、大きくなったクリトリスを軽く擦っただけで軽くイってしまいました。
息を落ち着かせている間も想像の中の二人のHは進んでいて、お父さんがMちゃんに太い物を入れていこうとします。

私は化粧棚からヘアスプレーの缶を手に取って太さを確認すると、慎重に入れて…冷たいアルミ缶の感触に腰が逃げそうになりましたが、アソコが目一杯開かれる感覚に辛抱してそのまま押し込みます。

あぁ、太い…私の中、一杯になってる…
私はお父さんに犯されるMちゃんになったつもりで、今までに入った事のない太さをゆっくりと動かし始める。
その圧迫感に私は気がどっかに飛んで行きそうになって、それを必死で堪えながらスプレー缶を動かしました。
私のアソコからグチュグチュと音が聞こえ始め、その音に私はどんどんいやらしい気分になって、腰がどんどん押し寄せてくる快感から逃げようと勝手に動き始めます。

それでも私は缶を動かし続け、そう何分もしないうちにイってしまいました。
ゆるゆると抜いた缶は私の液でヌルヌルになっていました。

あんなに太い男の人の入れられたら、缶とは比べ物にならない位気持ちいいんだろうなぁ…となんとなく思いつつ、余韻にひたっているうちに私はまどろんで来ていつの間にか寝入ってしまい、気が付くと正午になっていました。

オナニーの後処理をしてからそっと下に下りるともうMちゃんは帰っていたようで、リビングでお父さんが新聞を読んでいました。
「な、なんだ、帰っていたのか?お前…バイトに行ったんじゃないのか!?」
お父さんのあまりの狼狽振りに私はしれっと言葉を返す。
「うん、応援いらないって言われたから、適当に寄り道しながら帰ってたよ?気付かなかった?」
「そ、そうか…」

そっけない私の反応にお父さんはMちゃんが帰った後に私が帰ってきたと思ったんだろう、途端に安心した。
「なぁんかお父さんよそよそしいなー。エロビデオでもこっそり見てた?」
「ま、まぁな…母さんには秘密だぞ?」
「そんなの言われなくたって言わないし言いたくないわよ、お父さんのスケベー」と私嫌そうな顔。
本当は何をしてたか見てましたよ、娘は。ばっちりと。

コメントを書く