【体験談】投稿者男性が社会人2年目のこと、7年付き合った大学4年の彼女がいた。会社が早く引けたのでサプライズで彼女の部屋に行ったら彼女の浮気現場に遭遇。しかし浮気相手と思っていた男からとんでもない言葉が・・・。

lgf01a201409070700

ネタも切れているようなのでここで過去の寝取られ&修羅場(?)話を

当時自分は社会人2年生、
元彼女・元子
大学4回生の時の話

高校の時にちょっとぽっちゃりで並顔の元子に告られ付き合い始めて7年目

元子が大学卒業したら結婚も意識していた

入社して2年目の5月に配置換えがあって午前中で部署移動のオリエンテーションが終わって早く帰れることになりました

彼女が住んでるアパートに午後2時頃に驚かせようと会いに行った

合鍵で鍵開けて玄関に入ると見慣れない男物の靴が

いや、まさかそんなことは・・・・といやな予感を感じつつ中に入ると、学生っぽいイケメンと彼女が仲良くお茶してました

7年も付き合っててどうしてこんなと、頭に血が上って

俺「その人・・・誰?」

元「同じ大学のゼミ仲間。今日は相談することがあって」

声が上ずってるよお前

イケメン何も喋らない

この記事の続きを読む

【体験談】パート先の仲間と宴会をした投稿者女性。余興で男女で組を作って2人羽織のゲームをする事になる。負けた組は二人羽織で罰ゲームする事となるのだが負けてしまう投稿者。そして二人羽織のまま、どんどんエッチな指示がきて後ろの男性から手が伸びる・・・。

nininbaori

36歳の主婦です。 
今年の春の事でした。

パート先の仲間とその友達10名で飲み会を行うことになりました。

会場の店に行くと、座敷が予約されていて、男性5名、女性5名で飲み会が始まりました。
お酒も入り、少しHな話題も少し入り始めたころ、誰が言い出したか覚えていませんが、2人羽織をしようということになりました。

女性同志だと奇数なので、全員が平等になるように男性と女性のペアになることになりました。
男性が前、女性が後ろで女性が目隠し、男性が後ろで手を結び、体が離れないように男性のベルト2本で2人の体を結ぶ形で行いました。

1組づつ行った結果一番下手な組が私達の組という結果となりました。
周りから一番下手な組は罰ゲームを行えとの声が上がり、後に引けなくなり、罰ゲームを行うことになりました。

罰ゲームを何にするかとの話の中で、男性の一人から2人羽織で負けたのだから2人羽織を行ってもらおうと提案され、周りも賛成され、することになりました。

先程と違うのは、私が両手を後ろ手縛られ、男性が目隠しをして後ろに回ったことです。
準備が出来たところで、罰ゲームスタートです。

周りの人が命令することを、2人羽織ですることが、罰ゲームでした。

この記事の続きを読む

【体験談】同棲している彼女とマッサージに行くことにした投稿者男性。お互いの親にも挨拶していて結婚も考えている。インターネットでカップルで受けれる格安マッサージをみつけたので早速二人で行くことに。マッサージの為にタオル一枚に着替えさせられ、ならんだベッドに横になりウトウトしていると横から彼女の悲鳴が聞こえてきた・・・。

rape

同棲している彼女のAと、マッサージを受けにいくことにした。

高校生のころからの同級生で、大学は別々のところに進学したんだけれど、その後に同じ県で就職してたってわかって再会して、今では結婚前提で付き合っている。
もちろん、互いの両親にも挨拶済みだ。

Aはバリバリのキャリアウーマンといった感じで、長くてつやつやの黒髪をひとまとめにして、ぱりっとしたスーツを着こなしていて、とてもかっこいい。

ベヨネッタってゲームがあったんだけど、まぁ、それに出てくるキャラに似てるんだ。
俺はSEをやっていて、給料はそこそこあるけど、その分残業もめちゃくちゃしなきゃいけない。

髪を黒く染め直さなくてもOKだったことと、私服でもいいということで選んだ職場だった。

お互い仕事は大変だけれど、Aはいつも家の家事も担当してくれていて、何か恩返しというか、たまにはサプライズでお礼をしたいなぁと思ってインターネットで探していたら、

「カップルでいっしょに受けられる格安マッサージ♪ 大好きな人といっしょにリフレッシュしませんか? 1時間お二人で、今だけの限定価格5000円♪」

というのがあって、格安だったことと、いっしょに受けられるっていうのに惹かれて予約してみることにした。

当日、Aといっしょに行ってみると、まずは別室に通されて、紙パンツに着替えて水泳の授業で使うようなスナップのついたタオルを腰に巻くように指示された。

言われたとおりにして、施術を受ける部屋へいくと、Aがすでに、長い髪をアップにまとめて同じようなタオルを胸の上で留めてワンピースにして、立っていた。

「いつもありがとな。リフレッシュして、あとでうまいもんでも食べて帰ろうな」
って声かけて、1メートルほどの間隔をあけて2台のベッドがあったので、そこにひとりずつ横たわって待った。

すぐにマッサージ師が入ってきて、ヒーリングのためにお香を焚くこと、音楽をかけて、心の奥底からリラックスできるようにアイマスクを着用することを説明され、そのとおりに従った。

うつ伏せに寝転ぶように指示されて枕に顔をうずめているとなんだか眠くなってしまって……

悲鳴のような声が聞こえて、目が覚めた。
この記事の続きを読む

【体験談】就職してまだ1年余りの投稿者。出張先ではいつも先輩に教えられたマッサージを頼んでいた。気持ちの良いマッサージにウトウトしてると優しく起こされ「特別マッサージありますが、どうします?」と尋ねられ・・・。

massa

新卒就職後1年余り、24歳の頃。

思い出しながら書いている。

担当地域への営業出張があり、何度か先輩・上司と訪れてしばし、1人で担当させてもらえるようになってからのことだ。

そのホテルは俺の常宿だった。

なぜ、決して要領の良くない俺が同期の中でも早いうちに、地域担当を単独で受け持てたのかといえば、その地方が俺の育った場所であり、そのぶん土地勘で長けていて、まあ地の利みたいなものが有効だったからだ。

俺はそこに、高校3年生の途中まで居た。

中2の時に両親と姉が交通事故で死んだので、叔父夫婦のところで、下宿生活みたいな5年ほどを過ごした。

高校を卒業して、大学を目指して浪人生活を送るのを境に、世話になった叔父夫婦の家を出て、俺は東京へ来た。

そして、今の会社に至る。

出張でそのホテルに宿泊する際には、俺はいつもマッサージを頼んだ。

最初は揉まれてもくすぐったいだけだったのだが、次第に、疲れやコリがほぐれる気持ちよさが病みつきになった。

「激務なんだからさ、会社にこき使われて給料も安くて、たまの出張の時のマッサージくらい、多めに見てくれっから、込み込みで宿泊費は会社に請求書で、って言っておけばいいよ」
と、先輩がそう耳打ちしてくれた。

それ以来、月に2度くらいの間隔で派遣される泊まり出張のあるごとに、俺はマッサージを受けて心地よい眠りについた。

請求書払いにすると、気持ちよくて途中で眠ってしまっても、そのまま起こされずに済むから楽だった。

この記事の続きを読む

【体験談】妻とウォーキングを始めた投稿者男性。田舎の夜道は家が点々としていて危ない雰囲気がある。薄暗い中なんとなく欲情して、路上で妻にキスしたり胸を揉んだりする投稿者男性。エスカレートしてしまい・・・。

yagai
俺42歳、妻39歳の夫婦です。

最近妻がウォーキングを始めると言い出しました。

事務職と言う仕事柄、一日中座っている事が多い様で、運動不足解消だそうです。

「ねぇ!パパも一緒に歩こうよ」
「え~俺も歩くの?」
「いいじゃない!一人だと淋しいし薄暗いくなると怖いんだもん」

田舎の農村地帯だった我が家は辺りを田畑と山に囲まれ、近所も100m以上も離れた所に
ポツリポツリとあるだけです。

歩道も無い道で、外灯も所々に設置されているだけで、夜道を歩くのは危険です。

近くのゴルフ場に抜ける車一台程が通れる道があって、そこなら夜歩いても車が来る事も無く
安全だったので、妻はその道を歩く事にした様でした。

<初日>
夕方19時を過ぎた時間に妻と2人家を出ました。
ジャージ姿で、意気込む妻は薄暗い道を歩き始めました。

子供達の事や仕事場の話をしながら歩くと、辺りは暗闇に包まれ2人の声が響きます。

「どこまで行く?ゴルフ場まで片道2km位かなぁ?」
「ん~じゃ、今日は途中で折り返そう」

坂道を上り、ゴルフ場の本道へ出た所で折り返す事に…。
本道まで来ると、地元の街明かりが光々と夜空を照らし、夜景が綺麗でした。

「綺麗だね!案外夜景絶好の場所だったりして…」
「そうね」

何だか恋人気分で妻に軽いキスをすると、股間がムラムラ。
思わず妻の胸を揉み、陰部へ手を這わせると”もうパパったら…エッチなんだから”と言いながら
何となく湿っている様に感じた。

帰りの道で、手を繋いだり時々キスを求めて見たりと恋人気分を楽しんだ。
この記事の続きを読む

【体験談】妻の露出に興味深々の投稿者。夜、作業用品の店に買い物に行くことになったので妻にノーパンでとお願いしてみたら、妻に軽くかわされたが車で触ってみるとノーパンだった。そのまま店へ行くと・・・

roshutu

3ヶ月程前の夜、妻と一緒に作業用品の店に買い物に出掛けました。

”何着て行こうかなぁ?”と言う妻に、”夜なんだし適当に適当にスカートでも穿いたら”と言うと
目の前に置いていたデニムのタイトスカートに手を伸ばして履き始めていました。

”なぁ、ノーパンで行かない?”と冗談で言うと、”もう変態なんだから”と軽くかわされた。
以前から妻の露出に興味深々の私は、何度となくノーパン・ノーブラをお願いした事があったが、
当然の事ながら、相手にもされなかった。

車で待つと、間もなく妻が乗って来て、目指す作業用品店に向かいました。
途中、妻のスカートから伸びるムチムチの太腿に手を伸ばしスリスリし、特に嫌がる素振りを見せない妻に更に奥地へ手を這わせてみたんです。

一瞬指先に何かが触れ”んっ…”と思った瞬間、”今日だけね”と言う妻。
今まで散々お願いして断られ続けたノーパン…それが現実に…。
一気に股間がムクムクと反応し、フル勃起。

指先をアソコへ向かわせると”触るのは駄目!”と手を抑えられ、引き抜かれてしまった。
そうは言っても、隣に座る妻はノーパンだ!。
興奮が納まる筈も無く、何んだかドキドキしながら国道を走り、目的地の店に着いた。

既に閉店間際だった事もあり、客の姿は無い。
ちょっと残念な気持ちを持ちながら目的の服を探していた。

妻も店内に客がいない事に安堵したのか?辺りを気にする事もなく、平気でしゃがみ込んで品物を
見ていた。
妻の方を見ると、タイトスカートの隙間から陰部の毛が見えている。

興奮は冷める事が無く、フル勃起のまま店内を歩いていると、店の奥で妻が脚立に乗って棚の上の品物に手を伸ばしていました。

近くに行けば妻のスカートの中は…。
そう思った瞬間、1人の作業服を着たおっちゃんが妻の直ぐ近くに歩いて行ったんです。

この記事の続きを読む

【体験談】投稿者男性の彼女は酒癖が悪く、酔うと性欲も増す。しかも弱いのでいつも迎えに行っていた。ある時、彼女が会社の飲み会があり、12時ごろに電話をかけると、どうも様子がおかしい。会話の合間に喘ぎ声のような声を出すのだが・・・。

ntr

弱いくせに飲むのが好きで、エロ度増大の彼女が、酔い潰れてしまい男4人にホテルに連れ込まれた。

会社の飲み会だったのが、飲み屋で隣のテーブルにいた奴等と意気投合して2次会に誘われたらしい。

今年の4月頃の事だ。

彼女が飲み会に行くときは、俺が送り迎えをしていたのでいつも通り、夜中12時頃電話をすると、出るには出たが、様子がおかしい。

会話が途切れ途切れだし、時々、「うん」「あ・・・」と言った声を出す。

耳を澄ますと後ろでボソボソ男の声がする。

さすがにピンときた俺が問い詰めると、あっさり白状(酔っ払うと馬鹿正直になると言うか、嘘をつけるほど頭が回らなくなるらしい)。

しどろもどろに弁解する彼女。

酔っ払って、気がつくとベッドの上だったらしい。

浮気心でないのは分かるが、電話中も男共に触られているらしく、もう完全に感じているかんじで声を出している。抵抗もできない感じだ。

俺は元々寝取られ願望というか、自分の彼女が他の男に犯されるのを妄想して興奮する性癖で、彼女にも普段そんな話をしていた。

かといって、実際にそんな場面にでくわすと、やはり平気な状態ではなく、必死に彼女からホテルの場所を聞き出そうとするものの、彼女の方が先に、世界に入ってしまったようで

「かーくん(俺)、ごめんんえ・・あん・・ちー(彼女)だめえ感じちゃってるの」

「今日だけはお願い、許して・・・後でちー何でもしてあげるから・・」

男共も調子にのったのか

「うわ、ちーちゃんべちょべちょじゃんw」
「乳首たってるよお」
「ほらあ、彼氏聞いてるって」

とかワザと聞こえるように言ってくる。

この記事の続きを読む

【体験談】某百貨店で働く投稿者男性。そこでパートの主婦たちが4人で温泉旅行へ行く話を聞き、自分もついて行くことに。温泉での飲み会で下ネタを言いながらパンツが見えても平気な主婦たち。その後、バツイチ女性がマッサージをしてくれると言いだす・・・。

ryokou

私は某デパートの社員で地下の売り場を担当をしている頃(2年前)
の話しを告白しましょう

当時私は27歳で 売り場の副責任者をやっていました
ご存知の通り パートの女性がたくさんいます
主婦・バチイチ・女子高校生等色々います

ある日 仲のいい お寿司売り場の前で
パートの女性達4人が 温泉に行く話しをしてました

俺「どこの温泉行くんですか?」
主婦1「女4人で伊豆の温泉に1泊で行くんです」
俺「温泉好きなんですか?」
主婦2「好きですよ イイところ知ってるんです」
俺「混浴とかですか?」

主婦2「混浴とかもありますよ」とみんなで盛り上がっていました
主婦1「一緒に行きます?」と冗談っぽく聞かれたので
俺「ヒマだし もう何年も温泉行ってないから行こうかなぁ」と
いう事で5人で行く事になりました
部屋を2部屋 予約して
車はワゴン車を俺が運転していく事で決定しました

女性4人は
主婦1=31歳既婚子供ナシ
主婦2=4?歳既婚大きい子有り
主婦3=35歳くらい子供1人
バツイチ=38歳子供ナシ

お昼に駅前で待ち合わせ
伊豆に向かいました

夕方5時頃 伊豆のとある旅館に到着し

チェックインを済ませ
俺は1人で部屋に 女性は4人で1部屋で隣同士の部屋でした
夕食は6時半とゆう事でとりあえず風呂に入りに行きました

そこは 露天風呂を含めて8ケ所くらいありました
俺はとりあえず男湯に入りました

混浴もあると聞いて楽しみにして行ったんですが
時間制で 混浴を楽しむ事は出来ませんでしたが・・・

風呂を出て 部屋に戻ると
俺の部屋には食事が5人分用意してありました

宴会開始です。

普段仕事中 下ネタ等は出来る仲でしたが、一緒に飲みに行った事はありませんでした

風呂あがりの女性達は全員浴衣で歳の割りには色っぽく
「俺ってハーレムだな」と冗談などで盛り上がり
ビール・日本酒・ワインと凄い勢いで酒がなくなって行きます

みんな酔っぱらい
浴衣のすそからパンティーとか見えると
「パンツまる見えだよ」と俺が教えてやると
「いいじゃん 減るもんじゃないし」などと盛り上がりまくりました
この記事の続きを読む

【体験談】出張先で疲れてマッサージを頼むと、意外にも女性がやってきた。内腿を何度も刺激され、疲れていたこともありムラムラしてくる投稿者。そして勃起してることがマッサージ師にもバレていたようで・・・。

massage

よく聞く話しですが、つい先週体験したマッサージの話です。

その日は出張最終日で、かなり神経を使って仕事してたので精神的にも肉体的にもかなり疲れていたのでホテルでマッサージを頼む事にしました。

何の下心もなく電話でマッサージを頼み部屋で待っているとコンコンとドアをノックする音が聞こえドアを開けると「えっ」と思いました。

女性だったからです。

私はてっきり男性が来るものだと思っていたので。

後で聞いたのですが、歳は50才でバツイチで子供はなく今は一人暮しとか。

見た目はぽっちゃりで顔立ちだけ見ると40代前半に見えました。

私がベッドに座ると問診されどこが凝っているか聞かれたので「肩から背中、腰と太股です。ってほとんど全身ですね」と言うと「解りました。今日はお客さんでラストなんで時間かけて解しますね」とニッコリと微笑んでくれ何となく癒されました。

「それじゃあ浴衣を脱いでうつ伏せで寝ていただけますか」と言われ浴衣はゴワゴワするのと帯が邪魔なんだろうと言われるままブリーフ一枚になると「わぁ、鍛えてらっしゃるんですね」と言われました。

趣味が筋トレだったので、まぁ、それなりには。

うつ伏せになりマッサージが始まると余りの気持ち良さにいつの間にかウトウト寝てました。

何分ぐらい経ったか、太股を揉まれてる時に目が覚め
「いや~気持ち良すぎてねちゃいました」
「お客さん、凄く凝ってましたよ。次は脚をするのでもう少しだけ拡げてもらっていいですか」
と言われ脚を拡げました。

そこからは太股や内腿や脹ら脛を揉まれました。

男性なら解ると思いますが、疲れてる時って妙にやりたくなったりしますよね?

その時は気のせいだと思ってましたがマッサージの手がよく内腿を触るようになって、段々と悶々としてきました。
この記事の続きを読む

【初体験】高3の姉は周りが次々にバージンを捨てていくのに少し焦っていた。それと同時に高校生になって男らしくなった弟のボッキしてる股間を服の上から見て変な気分になっていた。そんな中、両親が一週間家を空けることに・・・。

onabare

高3の真夏のことです。
親が親戚の結婚式にいって、一週間私と弟と二人で過ごしたとき、Hしちゃいました。

弟は高1で、高校になってから何となく、男っぽくなってきて、朝とか、ショートパンツのあそこがとがってるの見かけたりしてたので、私のほうがちょっと弟に興味ありでした。

同級生は結構初体験とか済ましていて、あせっていたけど相手がいなくて、でも性欲はあるんです。

弟の勃起しているところを見ると、なんかあそこがきゅんとなります。
男の人のものを生で見たいと思ってました。

弟とは弟が中1まで一緒にお風呂にはいってたけど、「ひさしぶりに入りたいなあ」って思って、軽い気持ちで「いっしょに入ろっか?」って声をかけました。

弟も「えー、でもいいのー?」とか言って、さっそくぬるめのお風呂沸かして、私が先に入ると、弟があとから恥ずかしそうに入ってきた。
二人で入ったんだけど、おたがいすぐにどきどきしてました。

弟はあそこを両手で隠してましたが、おっきく元気みたいでした。
弟は、私の胸(すでDカップあった)気になってしょうがないし、私は、弟のがすごく大きくなってるのをちらって見ちゃったから・・。

でももうこういうチャンスってないと思って、明るく背中を洗いっこしたり、交代でお湯にはいったり。
弟は手でしっかりあれを押さえてるので、ときどきちらって見えるくらい。
私は、もっと見てみたいので、そうだ! と思って、いきなり弟のわき腹をくすぐってやりました。

弟はくすぐったがりで、わき腹がすごく弱いんです。
弟はくすぐったがって暴れて、その勢いでひじで私の胸を思い切り打ったので、私はころんで、壁に頭をぶつけてしまいました。

胸も頭も痛くて、泣きそう。
しかも、私は足をひろげて恥ずかしい格好でした。
それを弟は見ちゃったんです。

この記事の続きを読む